マーラー交響曲第1番:さらにCDを買い込んでみました

バーンスタイン指揮/マーラー:交響曲第1番/ニューヨーク・フィルハーモニック(1966年録音)バーンスタイン指揮/マーラー:交響曲第1番/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(1987年録音)

まずは、バーンスタイン指揮の2枚。左は、1966年録音の旧盤で、ニューヨーク・フィルハーモニックを振ったもの。右は、1987年にアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を振った新盤です。こちらは、「若人の歌」、交響曲第5番とカップリングで2枚組1,500円のお買い得盤です。(^^;)

ノリントン指揮/マーラー:交響曲第1番/シュトゥットゥガルト放送交響楽団

こちらは、ノリントンがシュトゥットゥガルト放送交響楽団を振ったもの。「花の章」を含む5楽章編成で、古典配置、ピリオド奏法による演奏です。ただし、この盤を聴く限り、「花の章」を復活させたことが成功したのかどうか、僕にはよく分かりません。

ということで、この間買ってきたワルター盤を含めて、聴き比べています。(^^;)

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">