アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

マーラー:大地の歌 さらに買ってきました

2008年12月3日 at 12:19:23

ワルター指揮/マーラー:大地の歌/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1952年録音)バーンスタイン指揮/マーラー:大地の歌/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1966年録音)

引き続きマーラーにはまっています。(^^;)

ということで買ってきたのが「大地の歌」のCD。左は、ブルーノ・ワルターがウィーンフィルを振った1952年の盤。この盤は、コントラルトのソロをカスリーン・フェリアーが歌っていることで超有名な名盤中の名盤。実際、聴いてみると、モノラルなのですが、そんなことまったく忘れてしまう名演。陶然として、「大地の歌」ってこんな曲だったっけ? と引き込まれてしまいます。

右は、バーンスタインの1966年盤。これも名盤といわれていますが、ワルター盤を聴いてしまうと、物足りなく感じてしまいます。

【CD情報】

  1. 指揮:ブルーノ・ワルター/コントラルト:カスリーン・フェリアー/テノール:ユリウス・パツァーク/演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/録音:1952年/DECCA UCCD-6011 466 576-2
  2. 指揮:レナード・バーンスタイン/バリトン:ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ/テノール:ジェームス・キング/演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団/録音:1966年/DECCA POCL-6004 466 381-2

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2008/12/03121923/trackback/

Leave a Reply