アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

志位委員長 サンプロで日本共産党と雇用問題を語る!!

2008年12月14日 at 12:48:46

サンデープロジェクトに出演した志位和夫委員長(2008年12月14日、テレビ朝日)

今日の「サンデープロジェクト」に、ふたたび日本共産党の志位和夫委員長が登場。なぜいま共産党が元気なのか、金融危機、雇用不安について田原総一朗氏と対談しました。

最初は、共産党の入党者がなぜ増えているのか、なぜマルクス、共産党なのかというところから始まって、金融危機をどう考えるか、雇用の問題をどう考えるのか、議論が広がってゆきました。

双日総研の吉崎達彦氏が「資本効率を上げる経営の見直しをやらざるをえない。そうなると日本型経営への回帰が起きてくるのではないか。そうなった場合に、日本共産党としてはどう思うか」と質問していました。

まあもちろん、「日本型経営」といえども資本主義なのだから、志位さんとしても「日本型経営でけっこうです」とは言えないでしょう。しかし、吉崎氏の言う資本効率を最優先にした経営モデルこそ、実は今回破綻したアメリカ経営モデル。その意味で、いま問題になっているのは、たんに雇用を守るかどうかでなくて、小泉改革いらいの企業のあり方そのものだといえると思います。

見逃した方は、こちら↓からどうぞ。右クリックして、ファイルをダウンロードしてからご覧ください。

今共産党が元気!? そのわけを志位委員長に聞く!(サンデープロジェクト 12/14)

Similar Articles:

Tags: , , , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2008/12/14124846/trackback/

Leave a Reply