Time誌 マルクスについて再考す?!

TIME Cover Europe ed. 2009.02.02

Time誌がマルクス特集をしているというので、さっそくゲットしてきました。2009年2月2日号で、すでに今週号(2月9日号)が出てしまっているので、何軒か書店をハシゴしました。(^_^;)

アメリカ版やアジア版は表紙がオバマ米新大統領の写真ですが、ヨーロッパ版の表紙はマルクスです。

Rethinking Marx, Time 09.02.02

で、特集のタイトルは、Rethinking Marx。「マルクス再考」というとよりも、「マルクスについてもう一度考える」という感じでしょうか。インターネット版ではサブタイトルは省略されていますが、As we work out how to save capitalism, it's worth studying the system's greatest critc ――「資本主義をどうやって救うかを解決しようとするとき、それは、研究する価値のある体制最大の批判である」といった意味だと思います。

Rethinking Marx – World Economic Forum – TIME

Rethinking Marx

[Time.com 2009.02.02]
By PETER GUMBEL

Modern bourgeois society, with its relations of production, of exchange and of property, a society that has conjured up such gigantic means of production and of exchange, is like the sorcerer who is no longer able to control the powers of the nether world whom he had called up his spells — Karl Marx, The Communist Manifest

The book has been on the best-seller lists in Germany for nine weeks, and in the provincial town of Trier it has special resonance, especially in tough economic times. It's Marx's Das Kapital, and dozens of copies of it are laid out in the bookshop in Trier's pedestrian-only town center. But no, this is not the seminal 19th century work on political economy by Karl Marx, who was born in Trier in 1818. It's a book by Reinhard Marx, the former Roman Catholic Bishop of Trier who is now Archbishop of Munich and Freising. He cheekily borrowed the title for his own thesis, namely that today's troubled economy needs to reconnect with fundamental Christian values if it is to be restored to health. The book's introduction is a letter to Reinhard's celebrated namesake in which he rejects revolutionary Marxist solutions. Nonetheless, as he surveys the wreckage of the global financial system and the growing insecurity of ordinary people, the Archbishop wonders: Was Marx's critique of capitalism right after all? "It lasted longer than you expected back in the 19th century," he writes, "but could it be that capitalism is just an episode of history that will end at some point because the system will collapse as a result of its internal contradictions?" (See pictures of the Bolshevik October Revolution.)

The Archbishop is not alone. From Washington to Vladivostok, the task of warding off financial collapse and economic depression is now the overwhelming priority for government leaders, central bankers and regulators everywhere. Solutions differ, but all agree that the current situation is both dire and extremely perplexing: nobody younger than 80 has experienced such a rapid decline in global confidence and economic activity. Markets have failed, and in so doing they have destroyed the conventional wisdom about how to run an efficient economy. It's as if an intellectual fog has descended, and the global positioning system has broken down, leaving the world to grope its way out as best it can. "Ask the experts what to do," says Tony Blair, the former British Prime Minister, "and the most honest reply is 'I don't know.' "

Searching the library for ideas, many have rediscovered the 1930s policy prescriptions of John Maynard Keynes, who advocated massive government spending programs of the type now being promoted by U.S. President Barack Obama, British Prime Minister Gordon Brown and others. Other great thinkers of the past are also being rediscovered, from Adam Smith to John Kenneth Galbraith. But hovering out there in the fog, unavoidably, is the towering specter of Karl Marx, the grandfather of political economists, whose damning critique of capitalism's inadequacies played an outsized role in world history for a century after his death in 1883. (Read a TIME cover story on Marx.)

Marx's utopian predictions about revolution and the triumph of socialism were dead wrong; indeed, many of the policies carried out in his name in the 20th century brought misery to millions in countries ranging from Russia to China, and including large chunks of Africa. Yet 20 years after the fall of the Berlin Wall and Soviet-style socialism, it's still instructive to take the Karl Marx road trip around Europe, starting in Trier and ending up where he ended, in London. It's instructive because if you leave aside the prophetic, prescriptive parts of Marx's writings, there's a trenchant diagnosis of the underlying problems of a market economy that is surprisingly relevant even today. Marx, too, lived through an era of rapid globalization. (A famous passage in The Communist Manifesto, which he wrote with Friedrich Engels in 1848, is almost uncannily prescient about globalization's costs and benefits.) He was moved by glaring inequalities between rich and poor that are more topical than ever today. He thought work should bring personal fulfillment, and that labor should not be treated as a simple commodity — foreshadowing today's controversies over outsourcing and poor working conditions in developing countries. He wondered whether the middle class would be squeezed out of existence. And he identified how profits were taking an ever bigger share of the economy at the expense of wages, just as they are once again today.

There's another reason why a journey through the places that marked Marx's career is worthwhile. The intellectual debate about how to fix capitalism to ensure a more stable and just economic system is particularly lively in the three countries where he spent most of his life — Germany, France and Britain. Some version of this debate is taking place everywhere, of course, including Washington, where a new President is bringing in a new team with fresh ideas. It will also top the agenda at this year's annual meeting of the World Economic Forum in Davos. It's a difficult, nuanced debate, and even within those three European countries there are starkly differing visions. Yet there's a strong sense that a new road map is needed. If governments "are not in a position to show that we can create a social order for the world in which such crises do not take place," warns German Chancellor Angela Merkel, "then we'll face stronger questions as to whether this is really the right economic system."

There's a lot about today's mess that Marx couldn't have predicted, of course, from credit-default swaps and subprime mortgages to global economic imbalances. The capitalism of today, for all its failings, is far removed from the cruder version that Marx analyzed, before the advent of pension and unemployment systems, medical insurance and health and safety legislation. Still, as the Archbishop writes to the bearded one in his own version of Das Kapital: "There's a question that won't leave me in peace: At the end of the 20th century, when the capitalist West defeated the communist East in the battle between systems, were we too quick to dismiss you and your economic theories?"

Pulling on the Same Rope

Karl Marx was born in trier, in a whitewashed three-story house with a courtyard in Bru"ckenstrasse. More than one-third of the 40,000 annual visitors to the house come from China, some as individual tourists but many in groups, such as the delegation of students from a Communist Party academy in Beijing who dropped by recently. Vietnam is the only other nation that still sends official delegations. That's a big change from when the Berlin Wall was still standing and the house was an obligatory stop on the Communist world tour. The director today, Beatrix Bouvier, has a mandate to update the place for the post-Cold War era. She has opted for sobriety. The rooms give factual details about Marx's life, his influences, his friendships, his writings — and his legacy. A top-floor room shows photos of Stalin and the Soviet gulag, the crushing of uprisings in Hungary and Czechoslovakia, the collapse of communism in Eastern Europe and the protests at China's Tiananmen Square in 1989. "A lot of things were done in his name in the 20th century, and we have to live with the consequences," Bouvier says. "Marx is so contested and contradictory. We show him as being many-sided." It's a view that upsets true believers, who sometimes send letters accusing her of being "counterrevolutionary."

Which, in a way, is fair enough. There's nothing revolutionary about Trier itself, a tidy place that takes pride in its Roman heritage. It has quietly prospered in a way that has nothing to do with Marx. Indeed, Trier is a fine example of the traditional postwar German model of capitalism, what the Germans call their "social market economy." Most of the 35,000 firms in the area are tiny, with fewer than 20 employees, but they have thrived on the old-fashioned values of hard work and family ownership. There is close to full employment. The local savings banks know their customers well, didn't dabble in arcane derivatives they didn't understand, and have escaped the financial turmoil of the past few months virtually unscathed. Arne Ro"ssel, director of the local chamber of commerce, says people are nervous about the economy, but firms "are coming from a very comfortable position with good liquidity."

Trier is not immune to the crisis. Several local firms supply the auto industry and have been hurt by its woes. One of the biggest employers makes construction machinery; its orders are down 90%. But at times like this, old-fashioned German capitalism shows its strengths: so far there have been almost no layoffs. About 100 local companies have scaled back their operations or stopped work altogether, but under German labor laws, furloughed workers can continue to receive 80% of their salary for several months even if they're not working. Firms pay a part of the social-security contributions, and the government unemployment agency picks up the rest.

Roland Wo"lfl, who heads the Trier office of Germany's powerful IG Metall labor union, maintains that employers and union officials are rallying to save jobs. "We're all pulling on the same rope," he says. Like many in Germany, he believes that this social-solidarity system has been badly strained over the past few years, as budget cuts were implemented and American-style practices came into vogue, including a focus on short-term profits over longer-term prosperity, broad deregulation and fast-and-loose finance. In the auto industry, where IG Metall is a powerful force, firms like Volkswagen threatened to move jobs abroad unless workers made big concessions on pay and working hours. But now peace has been restored, and Wo"lfl says the clock needs to be turned back. "Uncontrolled turbo-capitalism has lost its reason to exist," he says.

Could old-fashioned German values, including consensual labor relations, be a model for others now? At the chamber of commerce, which is housed on the site of a former French garrison, Ro"ssel shakes his head. "I think Germany will get through this crisis better than the U.K. and U.S. because it's less dependent on finance," he says. "But you can't impose a social market economy by law. It developed over decades. It's cultural."

Sarko's Stick

Next stop is Paris, a city that played an important role in Marx's life and work. He moved there in 1843 after tangling with authorities in Germany, and it was there that he met Engels, his intellectual soulmate and collaborator. The French revolts of 1830, 1848 and 1871 strongly influenced Marx's thinking on class struggle and revolution.

These days, the stick that Marx used to beat capitalist excesses has been taken up — albeit more lightly — by French President Nicolas Sarkozy. Even before the financial crisis exploded last fall, Sarkozy was attacking outsized corporate pay packages and "golden parachutes" for fired executives. He has also called for the "moralization" of capitalism, by which he means a greater sense of social and personal responsibility on the part of businesses, a significant reining in of financial speculation and a renewed emphasis on entrepreneurship and work. "I believe in the creative force of capitalism, but I am convinced that capitalism cannot survive without an ethic, without respect for a number of spiritual values, without humanism, without respect for people," the French President said in a February, 2007 speech that articulated a critique he has since considerably strengthened. This month Sarkozy talked about how the public was "scandalized" by highly paid bankers' lack of accountability for the financial system's woes.

Such rhetoric plays well in France, where public opinion has long been skeptical about free markets and globalization — and where the founding Republican principle of e'galite' is viewed as paramount. France has actually benefited from globalization; one in seven people in the country is employed by a foreign company that has invested in the country, and large French firms such as l'Ore'al and Danone have boosted their profits as a result of their global reach. But some of the fears are well founded. Globalization has brought massive pressure on wages in developed countries and a widening gulf between the rich and everyone else around the globe. Executive pay has soared: according to a study by the International Institute for Labour Studies, the CEOs of the 15 largest companies in Australia, Germany, Hong Kong, the Netherlands, South Africa and the U.S. earn between 71 times and 183 times as much as the average employee in those nations. Some studies show that in the U.S., the average inflation-adjusted wage of workers has actually fallen over the past 30 years. "Nobody ever claimed the market economy would produce social justice," says Joseph Stiglitz, the Nobel Prize — winning American economist, who says that today's problems "are much deeper than the failure of financial markets."

Stiglitz was one of an all-star cast invited to Paris in January to take part in a two-day seminar titled "New World, New Capitalism." The gabfest was organized by a man who personifies today's intellectual flux: Eric Besson, a rising star in the French Socialist Party who switched over to Sarkozy's conservative camp before the 2007 presidential election and has gone on to a stellar career in government. "One of the rare positive effects of the crisis is the way that it has opened up people's minds, creating an intellectual window of opportunity," Besson says.

Karl Marx, to be sure, would not have thought much of the seminar. Its thrust was how to reform the existing system rather than overthrow it, and a significant part of the debate focused on how better to regulate finance and jump-start global cooperation on economic issues. But the theme of social inequality that was central to Marx's thinking also got an airing. Was it just up to governments to be smarter about redistributing prosperity among the population? Or, wondered Pascal Lamy, who runs the World Trade Organization, "is there a new paradigm, because globalized capitalism creates bigger inequalities, and the international division of labor is much stronger than in the past?" His answer: Yes, there has indeed been a shift that requires an international solution to capitalism's challenges.

One problem: when the intellectual pendulum swings, it sometimes goes too far. At the Paris seminar, Ellen Johnson-Sirleaf, the President of Liberia, sketched out how Africa swung from state control of the economy in the 1960s and 1970s to an embrace of deregulation and other neoliberal policies starting in the 1980s. "History has not been kind to the strong version of state control," she said, "but the enthusiasm for deregulation went too far." In some places, privatization of water and electricity simply replaced public monopolies with private ones. "History has shown that neither of the extreme versions is right," Johnson-Sirleaf added. "We need a proper balance that evolves over time."

The Head in Highgate Cemetery

Marx moved to London in 1849 and spent the last 34 years of his life there, much of it in the Reading Room of the British Museum, where he studied official reports of the miseries of British industrial workers and wrote most of his best-known works, including the first volume of Das Kapital. Engels was an important influence: he had studied factory life in Manchester for his critical work The Condition of the Working Class in England. The two men considered England's form of capitalism to be especially advanced, and erroneously expected it to be the first country to undergo a socialist revolution. (See pictures of 250 years of the British Museum.)

The Reading Room's books were transferred in 1997 to the new British Library near St. Pancras station. The move coincided with a critical intellectual transformation in Britain: the rise to power of Tony Blair's New Labour and the end of the last vestiges of Marxism as a political force in Britain. Germany's Social Democrats made their decisive break with Marxism in 1959, but antimarket currents lingered on in the British Labour Party until Blair and Gordon Brown, the current Prime Minister, banished them by embracing London's financial district, encouraging business and financial innovation, and granting political independence to the Bank of England. With the banking system in need of help, some antimarket feeling is resurfacing, and a number of Labour MPs have been arguing the need for a broad nationalization of banking and industry.

Brown's political opponents on the right are also on the attack, but much of the criticism is coming from another source: church leaders, including the Archbishop of Canterbury, Rowan Williams, who harbors an unlikely sympathy for a man whose followers adopted atheism as a state creed. "Marx long ago observed the way in which unbridled capitalism became a kind of mythology, ascribing reality, power and agency to things that had no life in themselves; he was right about that, if about little else," Williams wrote in an article published the week after the collapse of Lehman Brothers.

Marx's grave in London's Highgate Cemetery is marked by a bronze bust of the man on a gray granite plinth, commissioned by the British Communist Party and unveiled in 1956. Inscribed in gold is a quotation: "The philosophers have only interpreted the world in various ways. The point however is to change it." At nearby St. Michael's Church, vicar Jonathan Trigg says many members of his congregation work in financial or financial-related jobs, and "are very anxious" about the future. What do they think about the need to change the world? "Any intelligent person should ask questions about values," Trigg says. "Boom times can lead to collective delusion, and everyone gets caught up in it." Karl Marx couldn't have put it better himself. — with reporting by Adam Smith/London

ヘッポコ訳はおいおいと… ヾ(–;)ぉぃぉぃ

ところで、本体の話とは全然関係ありませんが、インターネット版Timeの記事にある(See pictures of 250 years of the British Museum.)のリンク。大英博物館の写真を見れますが、その9枚目に、マルクスも通った大英図書館の閲覧室の写真があります(ちなみに、この閲覧室は、現在は大英博物館の内部に移設されているそうです=同写真の11枚目参照)。

【追記】
ということで、ヘッポコ訳です。ほんとにヘッポコですので、訳し間違えていたらお許しください。

マルクスについてもう一度考える――資本主義の救済方法を考えようというとき、システム最大の批判は研究に値する

[Time.com 2009.02.02]
By PETER GUMBEL

その生産諸関係と、交通諸関係、所有諸関係をともなった近代ブルジョア社会、すなわち、このような巨大な生産手段と交通手段を魔法のように突然出現させた社会は、自分の魔法で呼び出した冥界の力をもはや制御できなくなった、あの魔法使いに似ている。――カール・マルクス、『共産党宣言』

 ドイツで1冊の本が9週にわたってベストセラーになっている。地方の町トリーアでは、特別な反響を――この経済的に厳しい時期に――呼んでいる。その本は、マルクスの『資本論』だ。トリーアの歩行者専用の中心街の書店に何ダースも並べられている。しかし、それは、独創的な19世紀の政治経済学の著作、1818年にトリーアで生まれた〔カール・〕マルクスの著作ではない。それはラインハルト・マルクス、ローマカトリック教会の前トリーア司教、現ミュンヘン・フライジング大司教の本だ。彼は、今日の混乱した経済は、もし健全になりたいのであれば、基本的なキリスト教的価値と再結合する必要があるという彼自身のテーゼのために、書名を借用したのだ。同書の前書きは有名な同名の人〔カール・マルクス〕への手紙で、そのなかで彼は、革命的なマルクス主義的解決策を拒否している。それにもかかわらず、グローバルな金融システムの残骸と普通の人々の不安の増大を眺めたとき、大司教は驚いた――マルクスの資本主義批判はやっぱり正しかったのではないか? と。「資本主義は、19世紀には、あなたが考える以上に持ちこたえました」と、彼は書いている。「しかし、資本主義は、その内部の矛盾の結果として崩壊するために、いつかは終わりを迎える歴史の1つのエピソードなのでしょうか?」
 大司教は一人ではない。ワシントンからウラジオストックまで、金融崩壊と景気後退を避ける仕事は、どこでも政府指導者や中央銀行、規制当局にとって最優先課題となっている。解決策は違っている。しかし、現状が差し迫っていてひどく込み入っていることについては全員が一致している。80歳未満の人は誰も、グローバルな信用と景気がこれほど急激に落ち込むのを経験したことがない。市場は失敗した。効率的な経済運営のやり方についての従来型の知識は破壊されてしまった。知的な霧が降りてきて、世界が最善のやり方で手探りで進むグローバルなポジショニング・システムはすっかり壊れてしまいったかのようだ。「専門家にどうすればいいか質問すればいい」と、イギリス首相のトニー・ブレアは言っている。「一番正直な返事は、『私には分からない』というものだ」
 アイデアのライブラリーを探して、1930年代のジョン・メイナード・ケインズの処方箋を再発見した人も多い。彼は巨大な財政出動政策を提案した。それは、いまバラク・オバマ米大統領やゴードン・ブラウン英首相などによって推進されているようなタイプのプログラムだ。その他にも過去の偉大な思想家たちが再発見されている――アダム・スミスからジョン・ケネス・ガルブレイスまで。しかし、霧の中から上空に飛び上がってみると、政治経済学の祖父カール・マルクスの高くそびえる亡霊が姿を現わす。資本主義の無能さにたいする彼の容赦ない批判は、彼の亡くなった1883年以後の1世紀にわたる世界の歴史のなかで、特別に大きな役割を果たした。
 マルクスの、革命と社会主義の勝利にたいするユートピア的な予言は完全に間違っていた。実際、20世紀に彼の名前で実行された政策の多くは、ロシアから中国にわたる国々で――それにアフリカの国々も含まれる――何百万もの人々を不幸に落とし込んだ。しかし、ベルリンの壁とソビエト式社会主義の崩壊から20年たったにもかかわらず、カール・マルクスがヨーロッパでたどった道――トリーアに始まって彼が最期をむかえたロンドンに至る――をたどってみることは、いまでもそれだけのことをする価値のあることだ。なぜなら、もし、マルクスの著作から予言者的、指令的な部分を脇に取り除けたとしても、驚いたことに今日にも関連する市場経済の問題にたいする辛辣な診断がまだ残っているからだ。マルクスもまた、急速なグローバリゼーションの時代に生きていたのだ。(彼が1848年にエンゲルスと執筆した「共産党宣言」の有名なフレーズ〔冒頭に引用〕は、グローバリゼーションのコストと利益について、恐ろしいほどに予見的だ)。彼は、今日以上に時事的だった貧富の際立った不平等に動かされた。彼は、仕事というものは人格的な達成をもたらすはずのものだ、そして労働は単なる商品として扱われるべきではないと考えた。それは、先進諸国での、アウトソーシングと貧困な労働条件をめぐる今日の論争を予見するかのようだ。彼は、中間階級が存在から搾り取られてしまうかどうかを疑った。そして彼は、利潤が、賃金を犠牲にして――ちょうどいま繰り返されているように――経済のより大きなシェアを占めるようになることを確認した。
 なぜ、マルクスの人生が刻まれている場所をめぐる旅にそれだけの値打ちがあるか、別の理由もある。どのようにすれば、資本主義をもっと永続性があって、経済合理的なシステムとして確実なものにすることができるのか、ということをめぐる知的論争が、マルクスが人生の大部分を送った3カ国――ドイツ、フランス、イギリス――で特に活発だからだ。この論争のいくつかのバージョンは、どこでもやられている。もちろん、新大統領が新鮮なアイデアを持って新チームを率いているワシントンも含まれる。それはまた、今年のダボス世界経済フォーラムの会合での一番の議題になるだろう。それは、難しい、微妙な論争だ。ヨーロッパ3カ国だけをとってみても、際立って異なった意見がある。とはいえ、確かに、新しいロードマップが必要だ。もし政府が「こんな危機が起こらないような世界のための社会秩序を作り出せることを示す立場にないとすれば」と、アンジェラ・メルケル独首相は警告する。「そのときは、私たちは、正しい経済システムは本当に存在するのか、というもっと大きな問題に直面することになるでしょう」。
 もちろん、今日の混乱の中には、クレジット・デフォルト・スワップやサブプライム住宅ローンからグローバルな経済不均衡にいたるまで、マルクスには予見できなかったようなものがたくさんある。今日の資本主義は、そのすべての失敗点のために年金や失業保険、医療・社会保障などが生まれ、マルクスが分析したそれ以前のむき出しの資本主義とはかなりかけ離れている。とはいえ、大司教が彼自身の「資本論」に書いているように、「私を平穏にしておいてくれそうにもない疑問がある。20世紀の終わり、西側の資本主義が東側の共産主義を体制間競争で打ち負かしたときに、われわれはあまりに性急にあなたとあなたの経済理論を払いのけてしまったのではないか?」

同じ綱を引っ張る

 カール・マルクスは、トリーアで、ブリュッケン通りの中庭つきの白い漆喰壁の家で生まれた。この家にやってくる年間4万人の訪問客の3分の1以上は、中国からである。個人的な旅行客もいるが、大部分はグループでやってくる――北京の共産党アカデミーからやってきた学生代表のように。ベトナムは、公式な代表をいまなお送っているもう1つの国だ。その家は、ベルリンの壁がまだ立っていた時から大きく変化した。この家は、かつては共産主義のワールドツアーが必ず訪れる場所だった。今日の管理者ベアトリクス・バーヴァーは、ポスト冷戦時代にふさわしい場所に更新する任務を負っている。彼女は、まじめにそれをやってきた。展示室は、マルクスの人生、彼の影響力、彼の交友関係、彼の著作、それに彼の遺産についても事実に基づいたディテールを与えてくれる。最上階の部屋では、スターリンとソ連の収容所、押しつぶされたハンガリーとチェコスロヴァキアの蜂起、東ヨーロッパの共産主義の崩壊、1998年に天安門広場でおこなわれた抗議行動の写真を見ることができる。「20世紀には彼の名前で多くのことが行われたし、私たちはその結果とともに生きてゆかなければなりません」とバーヴァーは言う。「マルクスは非常に論争的だし矛盾しています。私たちは、多くの側面をもった存在として彼を見せています」。それは信者を混乱させる見方であり、そのために、ときには彼女を「反革命的だ」と非難する手紙が送られてくることがある。
 ある意味では、それは十分公平なことである。トリーア自体は、それは、ローマ時代の遺産を誇るこぎれいな場所であり、なにも革命的なところはない。それは、マルクスとは何も関係ないやり方で静かに発展してきた。実際、トリーアは、時代遅れな戦後ドイツの資本主義モデル――ドイツ人が「社会的市場経済」と呼ぶもの――の好例だ。この地域にある3万5000の会社の大多数は従業員20人未満の零細企業だ。それらは肉体労働と家族経営という伝統的な価値のうえで発展してきた。ほとんど完全雇用に近い。地元の貯蓄銀行は、自分たちの得意先のことをよく知っているし、理解できない不可解な金融派生商品には手を出さなかった。そして、数ヶ月前の金融混乱をほとんど無傷でまぬかれた。地元商工会議所会頭のアーネ・レッセルは言う。人々は経済に神経質になっているが、会社は「良好な流動性をもって、非常に満足のできるポジションにいます」。
 トリーアは、危機を免れているわけではない。若干の地元会社は、自動車産業に供給をおこなっているが、自動車産業の災いによって損害を受けている。最大の雇用主の1つは製造機械をつくっている企業だが、受注は90%も減った。しかし、こんなとき、時代遅れなドイツ資本主義は、その強さを見せる。これまでのところ、レイオフはほとんど行われていない。約100の企業がその作業を縮小したり、いっせいに仕事を止めたりしてきたが、ドイツの労働法のもとでは、仕事を休まされた労働者は、まったく仕事をしなかったとしても、数ヵ月は賃金の80%を受けとり続けることが出来る。会社は、社会保険料の一部を支払い、政府の雇用当局が残りを支払う。
 ドイツの有力なIGメタル労働組合のトリーア事務所の責任者であるローランド・ヴェルフルは、雇用主と組合役員とは仕事を維持することに集中していると主張する。彼は「われわれは同じ綱を引いている」と言う。ドイツの多くの人と同じように、彼は、この社会的な連帯システムが過去数年間ひどく緊張させられてきたと信じている。それは、予算カットが行われ、長期的な成功よりも短期的な利益への集中や幅広い規制緩和、素早くかつ規制されていない金融を含むアメリカ・スタイルのやり方が流行ったからだ。IGメタルが大きな力をもっている自動車産業では、フォルクスワーゲンのような企業が、もし労働者たちが支払いや労働時間について大きな譲歩をしなければ、仕事を海外に移動させると脅かされている。しかし、いまは平和が回復しているし、ヴェルフルは時計を戻す必要があると言う。「制御されていないターボ資本主義は存在理由を失った」。
 合意された労働関係を含む時代遅れのドイツ的価値は、いま、他の国のモデルになれるだろうか? かつてのフランス駐屯軍の跡地に建っている商工会議所で、レッセルは頭を振った。「私の考えでは、ドイツは、イギリスやアメリカよりも上手くこの危機をやり過ごすでしょう。なぜなら、ドイツは金融にあまり依存していないからです」と彼は言う。「しかし、法律によって社会的市場経済を押しつけることはできません。それは何十年もかかって発展してきました。それは文化なのです」

サルコジの杖

 次はパリ、マルクスの人生と業績の中で重要な役割を果たした街だ。彼は、ドイツ国内で当局ともめたあと、1843年にパリに移った。そこは、マルクスが彼の知的な盟友であり協力者であるエンゲルスと出会ったところだ。1830年、1848年、それに1871年のフランスの反乱は、階級闘争と革命にかんするマルクスの思想に強い影響を与えた。
 近頃では、マルクスが資本主義の行き過ぎを批判するのに使った杖は、――もっと軽くではあるが――、フランス大統領のニコラス・サルコジによってにぎられている。金融危機が最新の崩壊を爆発させる前でさえ、サルコジは、企業役員にたいするとてつもない企業報酬の支払いパッケージや「ゴールデン・パラシュート」を攻撃していた。彼は、資本主義のいわゆる「道徳化」を主張していた。それは、ビジネスの一部としての社会的・人格的な責任のより大きな意識、金融投機の重要な規制、そして起業家精神と仕事についての再生された強調のことである。「私は、資本主義の想像力を信じている。しかし、資本主義は倫理なし、多数の精神的価値への尊敬なし、ヒューマニズムなし、人々への尊敬なしには、生き残ることはできないと確信している」と、フランス大統領は2007年2月のスピーチのなかで話した。そのなかで、彼は、以前から強調してきた批判をより明確に表現した。同じ月、サルコジは、金融システムの破綻にたいする銀行家たちの責任欠如が高くついたことで、人々がどれほど「憤慨させられたか」についても語った。
 そんなレトリックがフランスでは十分役割を果たす。なぜならフランスでは、世論は、自由市場とグローバリゼーションについてずっと懐疑的だし、平等という共和制の原則が最高のものと見られてきたからだ。フランスは、実際にはグローバリゼーションから利益を上げてきた。同国の7人に1人はフランスに投資した外国企業に雇われているし、ロレアルやダノンのようなフランスの大企業は、グローバルな展開の成果として利益を押し上げてきた。しかし、不安のいくつかには十分な根拠がある。グローバリゼーションは、先進諸国の賃金に大きな圧力をもたらしたし、金持ちと地球上のそうでない人々との間に巨大な格差をもたらした。経営陣の報酬は高く舞い上がった。労働問題国際研究所の研究によると、オーストラリア、ドイツ、香港、ニュージーランド、南アフリカおよびアメリカの最大企業15社のCEOは、それらの国の平均的な被雇用者の71倍から183倍稼いでいる。アメリカでは、インフレーションの影響を調整した労働者の平均賃金は、実際には過去30年以上にわたって落ち込んでいるという研究もある。「これまで、市場経済が社会的正義を生み出すと主張した人はいません」とジョセフ・スティグリッツは言う。ノーベル経済学賞を受賞したアメリカの経済学者である彼は、今日の問題は「金融市場の失敗よりももっと根深い」と言う。
 スティグリッツは、「新しい世界、新しい資本主義」と題された2日間にわたるセミナーに参加するため、1月、パリに招待されたオールスターキャストの一人だった。この集まりは、今日の知的な流れを人格化した一人の人物によって組織された。エリック・ベッソン、フランス社会党の新しいスターだ。彼は、2007年の大統領選挙前にはサルコジの保守派キャンプに取って代わり、政府での星のようなキャリアを送っていた。「この危機の数少ない積極的な効果の1つは、人々の心を開いて、機会の知的な窓をつくり出したことです」とベッソンは言う。
 カール・マルクスは、確かに、このセミナーを大したこととは考えなかったかもしれない。その主目的は現在のシステムを投げ捨てることよりも、どう改良するかにあったし、討論の主要部分は、経済的な問題で金融と飛躍するグローバル企業をいかに規制するかということに焦点をあてていた。しかし、マルクスの考えの中心にあった社会的不平等というテーマも取り上げられた。しかし、政府は、人々の間に繁栄を分かち合うことについて、もっと賢明にやれたのだろうか? あるいは、WTOで働くパスカル・ラミーが疑っているように、「新しいパラダイムは存在するのか? なぜなら、グローバル化された資本主義はより大きな不平等を生み出しているし、国際的な分業は過去以上に強まっているのだから」。彼の答えはこうだ。そのとおり、実際に転換はすでに起きており、それは資本主義の挑戦のために国際的な解決を求めている、と。
 1つの問題は、知的な振り子が揺れているときに、それがあまりに早すぎることだ。パリ・セミナーで、リベリア大統領のエレン・ジョンソン・サーリーフは、1960年代、70年代の経済の政府管理から、80年代に始まった規制緩和やその他新自由主義的な政策へと、アフリカがどんなふうに揺れ動いてきたかをスケッチした。「歴史は、強化された政府管理にやさしくはありませんでした」と彼女は言う。「しかし、規制緩和への熱中は、もっと行き過ぎてしまいました」。水や電力の民営化が、公営の独占企業を民間の独占企業に置き換えただけのところもあった。「歴史は、極端なやり方のどれも正しくないことを示しています」とジョンソン・サーリーフはつけ加えた。「私たちには、長い時間をかけて発展する適切なバランスが必要なのです」

ハイゲート共同墓地の頭

 マルクスは、1849年にロンドンに移り住み、彼の人生の残り34年をそこで送った。その大部分は、大英博物館の閲覧室で。彼はそこで、イギリスの工業労働者の悲惨な状態についての公式報告書を研究し、『資本論』第1巻を含む彼の有名な著作の大部分を書いた。エンゲルスは重要な影響力を与えた。彼は、マンチェスターでの工場生活を研究して、彼の批判的な著作『イギリスにおける労働者階級の状態』を書いた。2人は、資本主義のイギリス的形態はとくに進んでいるとみなした。そして、社会主義革命を実行する最初の国になるだろうと誤って期待した。
 閲覧室の本は、1997年に、セント・パンクラス駅近くの新しいブリティッシュ・ライブラリーに移された。移動は、イギリスにおける批判的知性の変容と同時におこった。トニー・ブレアのニュー・レイバーの政権獲得と、イギリスにおける政治勢力としてのマルクス主義の最期の名残の消滅[1]だ。ドイツの社会民主党は、1959年にマルクス主義との決定的に分かれた。しかし、イギリス労働党では、反市場の流れはブレアや現在の首相であるゴードン・ブラウンまで残っており、ロンドンの金融地域の擁護、ビジネスや金融イノベーションの奨励、イングランド銀行の政治的独立の承認によって追放された。銀行システムに助けが必要となるとともに、いくらか反市場的な感覚がよみがえっており、労働党下院議員の何人かは、銀行や産業の幅広い国有化の必要性を論じている。
 ブラウンは、右翼的な政治的反対者からも攻撃されているが、批判の大部分は別のところからやって来ている。カンタベリー大司教のローワン・ウィリアムズを含む教会指導者からだ。彼は、1人の人物――その信者たちが無神論を国家的信条として採用したのだが――に意外な同情を抱いている。「かつてマルクスは、現実や権力、機関というものをそれ自体としては一度も生命を宿したことのない事物に帰することによって、何の規制も受けない資本主義というものが一種の神話になる筋道を明らかにした。彼は、この点では正しかった。他の点ではそうでないにしても」と、ウィリアムズは、リーマンブラザーズが破綻した週に公表された論文に書いた。
 ロンドンのハイゲート共同墓地にあるマルクスの墓は、灰色の御影石の台座にのった一人の男のブロンズ製の胸像で飾られている。それは、イギリス共産党によって発注され、1956年に除幕された。「哲学者はさまざまな方法で世界を解釈してきたにすぎない。しかし、大事なことはそれを変革することである」という言葉が金文字で刻み込まれている。近くにあるセント・ミカエル教会で、代理牧師のジョナサン・トリッグは、私の会衆の多くの人たちは金融業か金融関係の職についている、そして将来を「非常に心配している」と言った。彼らは、世界を変えるためには何が必要だと考えているのか? 「知識ある人なら、価値というものについていろいろ質問すべきです」とトリッグは言う。「ブームの時代には、集合的な幻想が生まれることがあります。そして誰もがそれに感染するのです」。カール・マルクス自身は、この状況を改善することはできなかっただろうが。

読み返してみると、意味の通じないところや直訳のまんまなところがあります。僕の英語力では、これが限界。とんでもない勘違いに気づかれた方は、ぜひご教授ください。

Related Articles:

  1. イギリス共産党Communist Party of Great Britainは1991年に解散している。その後継政党である民主左翼Democratic Leftも1998年に解散しているので、ここではそのことを指していると思われる。 []

Similar Articles:

  1. はじめまして。神戸女学院Warumono教授の大学以来の知人のS木(京都)といいます。いつもブログ楽しく拝見しています。

    サブタイトル(it’s worth studying the system’s greatest critc )の訳は、「このシステムの最大の批判者を研究する価値がある」となるのでは・・・。

    全文にざっと目をとおしましたが、最後の「落ち(Karl Marx couldn’t have put it better himself.)」がどうもスッキリ理解できませんでした。他に、いろいろ分からない点もあります。訳を楽しみにしています。

  2. S木さん、初めまして
    いつもご覧いただき、ありがとうございます。

    >サブタイトル(it’s worth studying the system’s greatest critc )の訳は、「このシステムの最大の批判者を研究する価値がある」となるのでは・・・。

    まあそのとおりですが、greatest criticに重きを置いて訳してみたつもりです。

    内容的には、もう少しMarxについてRethinkingしているのかと期待したのですが、どちらかといえばMarxに引っかけつつ、ドイツやフランス、イギリスの動向を俯瞰してみたという感じで、ちょっと訳す気力をそがれております。(^_^;)

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">