アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

東フィル×チョン・ミョンフン×ヴェルディ「レクイエム」

2009年2月22日 at 21:23:21

東京フィルハーモニー交響楽団第765回オーチャード定期演奏会

今日は午後から渋谷・オーチャードホールで、東フィルの定期演奏会を聴いてきました。プログラムは、チョン・ミョンフンの指揮でヴェルディの「レクイエム」です。

実をいうと、僕はチョン・ミョンフンとの相性が悪いのか、これまでこれという演奏に巡り会ったことがありませんでした。しかし、今日は、オケもソリストも合唱も、柔らかい艶のある演奏で、文句なしのブラボーでした。(^_^;)

チョン・ミョンフンの指揮は、ゆったりと音をふくらませる感じで、ヴェルディのレクイエムらしからぬレクイエムの輝きをたっぷり引き出していました。ソリストはみなさんよかったのですが、その中でもバスのロベルト・スカンディウィッツがよかったですね。まるい感じの柔らかい声で、チョン・ミョンフンの指揮ぶりとぴったりでした。メゾ・ソプラノの藤村実穂子さんも大健闘していました。そして、本日一番がんばったかも知れないのが合唱です。

ひさびさにナマで聴いたこの大曲。しかし、たった1つだけ大問題…。それは、レクイエムが終わるか終わらないか、まだ指揮者が手を挙げたままのときに、フライングで拍手が起こってしまったこと。せっかく90分間の熱のこもった演奏も、このフライング拍手でぶちこわしです。チョン・ミョンフンも、諦めたかのように手を下ろしてしまいました。

やっぱり、最後の余韻まで味わいたかったですね。

Related Post:

東フィル×レクイエム×大太鼓…

【演奏会情報】 東京フィルハーモニー交響楽団第765回オーチャード定期演奏会
指揮:チョン・ミョンフン/ソプラノ:カルメラ・レミージョ/メゾ・ソプラノ・藤村実穂子/テノール:キム・ウキョン/バス:ロベルト・スカンディウィッツ/合唱:東京オペラシンガーズ/合唱指揮:宮松重紀/コンサートマスター:平澤仁/会場:Bunkamuraオーチャードホール/開演:2009年2月22日 午後3時?

同じプログラムで19日にオペラシティでも演奏されていますが、同じように感動的だったようです。

【関連ブログ】
19日 指揮:チョン・ミョンフン ・ヴェルディ レクイエム ・東京フィル – 日頃の何氣ない風景 ・音楽鑑賞・株投資、感じた事を
瞬間の音楽: チョン・ミョンフン=東フィルのヴェルディ/「レクイエム」
チョン・ミョンフン東フィル/ヴェルディ・レクイエム追記 – クラシック・コンサートあれこれ感想記
ミョンフン&東京フィルのヴェルディ「レクイエム」 – のり2・クラシカ
ヴェルデイの「レクイエム」に感動!:nobi22nobiの日記

こちらは、22日の演奏会の感想です。
東条碩夫のコンサート日記 2・22(日)チョン・ミョンフン指揮のヴェルディ「レクィエム」
朝霧のようなピアニッシモ – ギズモ。おばさんの部屋
東京フィル定期 ヴェルディ「レクイエム」:Bassドラの日常:So-net blog

Similar Articles:

Tags: , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2009/02/22212321/trackback/

Leave a Reply