日本チーム 準決勝に進出

5回日本1死1、2塁、青木が中前へ適時打を放つ(共同)

日本チーム、とりあえず準決勝に進出!! おめでとうございます。

韓国戦に敗退したときは、「侍ジャパン、侍ジャパンと自分で自分にプレシャーをかけるから…」と思ったのですが、今日は開き直ったのか、それとも前回キューバに大勝していたせいか、ともかくいい方向に力が発揮されたようです。

日本 キューバを下し準決勝進出、第2回WBC : AFPBB News

日本 キューバを下し準決勝進出、第2回WBC

[AFPBB News 2009年03月19日 15:39 発信地:サンディエゴ/米国]

 【3月19日 AFP】(記事更新、写真追加)第2回ワールド・ベースボール・クラシック(2009 World Baseball Classic)2次ラウンド1組敗者復活2回戦、キューバ対日本。試合は日本が5-0で勝利し、準決勝進出を決めた。前回王者の日本は、現地19日に同組1位をかけて韓国と対戦する。
 1987年のパンアメリカン競技大会(Pan American Games)以来、出場したすべての国際大会で決勝まで勝ち進んでいたキューバだったが、ヨエニス・セスペデス(Yoennis Cespedes)の失策による2失点につながった霧に覆われたペトコパーク(Petco Park)で記録は途絶えた。
 日本は、先発の岩隈久志(Hisashi Iwakuma)が6回を投げて5安打無失点に抑えると、後を継いだ杉内俊哉(Toshiya Sugiuchi)も、3回を投げて無安打無失点4奪三振と完璧なリリーフでチームを勝利に導いた。
 日本は4回に青木宣親(Norichika Aoki)の安打と稲葉篤紀(Atsunori Inaba)の二塁打でチャンスを作ると、2死から打席に入った小笠原道大(Michihiro Ogasawara)の飛球はセスペデスの後方を襲い、セスペデスは打球に追いついたものの、霧の中から落ちてきたボールはグラブからこぼれ落ち、日本は2点を先制した。
 日本は5回に青木の適時打で二塁から岩村明憲(Akinori Iwamura)が生還し3-0とすると、7回には中島裕之(Hiroyuki Nakajima)の犠飛で再び岩村が本塁を踏み、4-0とリードを広げた。
 米大リーグ(MLB)シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のイチロー(Ichiro Suzuki)は、2次ラウンドでは12打数無安打で内野を越えた打球がわずかに1つと悲惨な状況にあったが、第4打席で叩きつけた打球が一塁手の頭上を破りスランプを脱すると、9回には三塁打を放ち、青木の適時打で5点目の本塁を踏んだ。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">