自公政権と対決する立場がないと、こうまで追い込まれるものか…

民主党が、自民党に対して、補正予算の成立と引き替えに「話し合い解散」を打診していたことが明らかに。

民主党は、昨年も、「何でも賛成するから、ただちに解散せよ」という奇妙奇天烈、奇々怪々、常人には理解不能な対応をしたが、まったく懲りてないようだ。「政権交代」をめざすのであれば、麻生自公政権に対して堂々と論陣を張って、解散・総選挙に追い込むのが筋。しかし、自民党政治に対決する立場がないものだから、何度も、「解散をお願いする」路線に落ち込むのだ。

西松建設違法献金問題で、小沢・民主党はジリ貧状態。「民主党の支持率があまり下がらないうちに、解散してほしい」ということなのだろうか? それでは自民党に足元を見られるだけなのだが、それにも気づかないとしたら、民主党はよっぽど追い込まれているのかも知れない。

民主が自民に話し合い解散打診、自民は拒否 | 日テレNEWS24
民主・山岡氏が自民に「話し合い解散」提案 – MSN産経ニュース

民主が自民に話し合い解散打診、自民は拒否

[日テレNEWS24 4/14 18:40]

 追加経済対策を盛り込んだ今年度補正予算案をめぐり、民主党は13日までに自民党に対して、成立と引き換えに解散を約束する、いわゆる「話し合い解散」を打診していたことが明らかになった。自民党は拒否している。
 関係者によると、民主党・山岡国対委員長は、自民党・大島国対委員長に対して、今月27日に国会に提出される予定の今年度補正予算案を来月15日までに成立させることと引き換えに、衆議院の解散を約束するよう求めていたことがわかった。この申し出に対して、大島委員長は「解散を約束することはできない」と拒否したという。
 民主党内では小沢代表の進退問題がくすぶっているが、話し合い解散を持ちかけることで攻めの姿勢をアピールした形。14日にアメリカ・モンデール元駐日大使と会談した小沢代表も、「国民は政権交代を望んでいる。次の総選挙で民主党は少なくとも第一党になると思う」と述べ、強気の姿勢を見せている。
 一方、麻生首相は今月10日の記者会見で話し合い解散を明確に否定し、野党との対立軸を鮮明にして解散に打って出る方針を示している。
 こうした中、自民党・菅選対副委員長は14日、「補正予算案を掲げて『選挙をしろ』と言う人がいるが、誰が考えても、これはやはりしっかりと成立させてから選挙をするのが、責任ある私たちの立場だろう」と述べ、今年度補正予算案が成立するまで衆議院を解散すべきではないとの考えを強調した。

民主・山岡氏が自民に「話し合い解散」提案

[MSN産経ニュース 2009.4.14 19:13]

 民主党の山岡賢次国対委員長が自民党の大島理森国対委員長に「話し合い解散」を打診し、大島氏が拒否していたことが14日、分かった。公明党幹部が明らかにした。
 山岡氏が先週、大島氏と都内で会談した際、衆院の早期解散と引き換えに、平成21年度補正予算案などの成立に協力する取引を持ちかけた。山岡氏は、大島氏との合意が成立した場合には、麻生太郎首相と小沢一郎民主党代表による党首会談で合意内容を確認するなど具体的な段取りまで提示したという。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">