「日本共産党が上げ潮に」– APが世界に配信

AP通信が「日本経済の落ち込みで共産党が上げ潮に」と題する記事を配信。米各紙に掲載されています。

Communist party surges as Japan's economy withers : The Associated Press

Communist party surges as Japan's economy withers

[The Associated Press By ERIC TALMADGE ? Apr 19, 1:28 AM EDT]

TOKYO (AP) — Under a big red flag, the headquarters of the Communist Party of Japan are the center of the most vibrant grass-roots movement in the country. The party's ranks are swelling, it has 24,000 branch offices and more than a million people read its newspaper. Only one party — the one that runs the country — beats it at fundraising.

As Japan's economy withers, communism is coming to life.

Dormant in the boom years and marginalized even as Japan more recently clawed its way out of recession, the party's litany of capitalist evils is now resonating deeply with many Japanese — especially the young — who are feeling the pain of an economic downturn that some say has reached depression dimensions.

While the Communist Party — which is the fourth-largest party in parliament, but has only 16 of the total 722 seats — is not likely to take over anytime soon, it is making itself felt.

On college campuses, in particular, Karl Marx is popular again.

"I have never voted before, but I intend to vote communist in the next elections," said Suguru Yagi, a Tokyo college student.

Yagi, 22, said he had considered joining the party because he agrees with many of its policies and sees it as the defender of the working class. As a student about to graduate, he is concerned about the shrinking work force, and the difficulties he may find in getting a good job.

Leading Japan's communist renaissance is Kazuo Shii, the round-faced party chief, who has become one of Japan's most recognizable politicians and something of a media star, grilling the country's conservative leaders from his perch in parliament and unfailingly appearing before the cameras with what boils down to: "I told you so."

Financial meltdowns worldwide. Banks and manufacturers going belly up, or begging for bailouts. Unemployment and unrest on the rise.

Capitalism, Shii concludes, is doomed.

"It is inevitable," he said in a recent interview with The Associated Press. "When the persimmon is ripe, it will fall from the tree."

Shii, and the party, believe that time is fast approaching. And, in Asia's most dedicated bastion of capitalism, more people are beginning to agree.

According to the party, about 1,000 new members are joining its ranks every month — a sharp contrast to the massive exodus that has plagued the ruling Liberal Democrats, who have dropped from about 5 million members in their heyday to about 1 million members now.

The Japan Communist Party was founded as an illegal movement in 1922, but legalized after Japan's World War II defeat in 1945. It then struggled through polarizing splits with the Soviets and Communist Chinese in an effort to maintain its independence. It also has distanced itself from the radical left, which gained popularity in the 1960s and '70s, but has since died down.

Shii attributed the renewed interest in the party to voter disillusionment with future prospects in an increasingly difficult job market. People who have lost their jobs or their pensions are turning to the party. There is increasing distrust of the centrist Liberal Democrats and their main rivals, the Democratic Party of Japan, who are also conservative and are, in fact, led by a former Liberal Democrat.

The communist revival has also been spurred on by the pop media.

Marx's Das Kapital is now available in cartoon form, and a surprise best-seller of the year has been a revival version of "Kanikosen," a 1929 novel about exploited workers on a crab boat. That novel, too, is out in manga form, and is being made into a movie.

In Japan, the Communist Party has swelled to about 415,000 members at latest count and boasts a newspaper, Red Flag, with a readership of 1.6 million. It has also started a channel on YouTube featuring video of Shii addressing parliament and other tidbits for those who want to keep up with party goings-on.

Shii said his party is willing to work within Japan's system — he said it does not advocate immediate or violent revolution.

"We want to fix social inequities within the framework of capitalism," Shii said. "It will take time for people to make adjustments and be ready. We aren't advocating a sudden change to communism."

Political analysts are split on where the communists are headed.

Tomoaki Iwai, a Nihon University political science professor, said the party's recent popularity could be a fad.

"I don't see a bright future for the communist party, despite the current expansion," he said. "They are not going to gain decision-making status in Japanese politics."

But Koichi Nakano, a political science professor at Sophia University in Tokyo, said the party serves as an important check-and-balance.

"They are a perennial opposition party, but that is a significant role," he said. "Their ideological stance stands out in a political scene dominated by the conservatives, and it's good to have diversity. Despite their marginal presence in parliament, the communists' views are often considered commonsense among the public."

Outside of parliament is where the Communist Party has been making its biggest strides.

Though weak at the national level, the communists boast more elected officials than any other party because of their strong presence in local and prefectural assemblies, where they have more than 3,000 seats.

Party members are free to devote as much, or little, of their time as they choose — from simply voting communist when elections come around to helping run social activities and youth programs.

Because of the devotion of its members, the party's campaign machine is formidable.

And, while not expected to win big, the communists are looking at modest gains when the next parliamentary elections are held — sometime before October — because of the growing unpopularity of Prime Minister Taro Aso and his ruling Liberal Democratic Party, which is widely seen as being in disarray and unable to lead Japan out of its deepening economic recession.

The Democrats are dogged by scandals of their own. But Shii complained that the focus of the media on the potential emergence of a two-party system has created an even darker shadow from which his party must emerge.

Even so, with younger voters, the communists are doing well.

"The communists offer hope," said Yagi, the college student. "I don't know if I would want them to take over power, but I think they should be big enough to influence what the ruling party can do."

He said he stopped short of actually joining up because the name of the party put him off.

"I like what the party is doing," he said. "But 'communism' still carries with it a stigma, like 'radical' or 'terrorist.' I don't want that kind of communism. I'm not a radical."

ちなみに、シカゴ・トリビューン紙は、その記事を「柿が落ちるのを待つ――日本共産党のトップ、マルクスが復活していると語る」と題して掲載しています。

Waiting for the persimmon to fall: Japan's top communist says Marx is coming back to life — chicagotribune.com

ということで、いつものヘッポコ訳です。

日本経済の落ち込みで共産党が上げ潮に

[AP通信 ERIC TALMADGE 2009年4月19日]

 東京AP――巨大な赤旗のもとで、日本共産党の本部は、この国でもっとも生きいきとした草の根の運動のセンターとなっている。その党員は増加中で、2万4,000の支部を持ち、100万人以上がその新聞を読んでいる。財政の点でこの党を上回っている政党はたった1つ、政権党だけだ。
 日本経済が落ち込むのにつれて、共産主義が息を吹き返している。
 好景気の数年間は活動は停滞し、ごく最近まで日本が景気後退から脱出をしようとしているときには軽視されてきたが、いまでは、資本主義の害悪にかんする同党の演説は、不況局面に突入したといわれる景気の落ち込みの痛みを感じている多くの日本人――とくに若者――のあいだに深く反響している。
 共産党は国会で第4党だが、722議席のうち16議席しか占めていない。同党はすぐに優勢になりそうにないとはいえ、同党は存在感を発揮している。
 とくに大学のキャンパスでは、カール・マルクスが再び人気を呼んでいる。
 「私はこれまで共産党に投票したことがなかったが、次の選挙では投票しようと思っている」。東京の大学生ヤギ・スグルは語った。
 22歳のヤギは言う。「自分はこの党に入ろうと思っている。共産党の政策の多くに賛成だし、この党が労働者階級の守り手のように思えるからだ」。卒業を控えた学生として、彼は、労働市場の縮小や、よい就職先を見つけるためにいろいろ苦労することを心配している。
 日本の共産主義再生を導くのは志位和夫、丸顔の党委員長だ。彼は日本でもっともよく知られた政治家の1人になり、ちょっとしたメディアのスターになった。彼は、この国の保守派のリーダーたちを国会の議席から追及し、カメラの前で要するに「私が指摘したとおりではないか」と言って確実にアピールしている。
 金融は世界中で溶解した。銀行と製造業は倒産するか、救援を求めている。失業とその増加が心配されている。
 志位は「資本主義は命運が尽きている」と結論を下す。
 「それは避けられない」と、彼は、APとの最近のインタビューで語った。「柿は、熟したときには木から落ちるだろう」
 志位は、そして共産党も、その時が急速に近づいていると信じている。そして、アジアのなかでもっとも資本主義に忠実な牙城で、多くの人々が同意し始めている。
 同党によれば、毎月1,000人以上の新メンバーが同党の仲間に加わっている。それは、与党・自民党を悩ましてきた大量離党とはまったく対照的だ。自民党は、全盛時には約500万人いた党員がいまでは約100万人に落ち込んでしまった。
 日本共産党は、1922年に非合法の運動として創設されたが、第2次世界大戦の日本敗北後、1945年に合法化された。その後、同党は、ソ連派と中国派の分裂とたたかい、その独立を維持した。同党はまた過激派左翼から距離を置いてきたが、その過激派は1960年代、70年代には人気を博したが、その後死滅してしまった。
 志位の見解では、共産党への関心の復活は、労働市場の困難が増すなかで、有権者が将来の見通しについて幻滅し始めたことによる。職や年金を失った人々は日本共産党に向かっている。中道の自民党やその主要野党の民主党――同じように保守的であり、事実、元自民党員によって率いられている――にたいする不信が増大している。
 共産主義の復活は、ポップ・メディアによっても刺激されている。
 マルクスの『資本論』は、いまでは、マンガのかたちでも手に入る。そして突然、年間ベストセラーになったのは、再刊された『蟹工船』――カニ加工船での搾取される労働者たちを描いた1929年の小説だった。この小説はマンガでも売り出され、映画化もされようとしている。
 日本では、共産党は、最新の調査で41万5,000の党員に増えているし、「しんぶん赤旗」は160万の読者を誇っている。共産党は、YouTubeに志位の国会質問のビデオやその他のニュースを特集したチャンネルも開始した。
 志位は、「私たちの党は日本のシステムの中で活動するつもりだ」と言った――彼は、同党が性急な、あるいは暴力的な革命をやることはない、と述べた。
 「われわれは、資本主義の枠組みの内部で、社会的不平等を修正したい」と志位は言った。「人々が調整をおこない、準備するのには時間がかかるだろう。われわれは、突然共産主義に転換するつもりはない」
 共産党への注目について、政治評論家の意見は分かれている。
 日本大学政治学教授の岩井奉信は、同党の最近の人気は一時的なものだろうと言う。
 「私は、現在の拡大にもかかわらず、共産党の将来が輝いているとは思わない」と彼は言う。「彼らは、日本の政界で、決定的な立場をかちとることはできないだろう」。
 しかし、上智大学の政治学〔准〕教授・中野晃一は、「共産党は重要なチェック・アンド・バランスの役割をはたす」と言う。
 「共産党は万年野党だが、重要な役割だ」と彼は言う。「彼らのイデオロギー的な立場は、保守派によって支配された政治的場面で際立っているし、それは多様性をたもつのに役立っている。国会内では少数の存在だが、共産党の見地は、国民のなかではしばしば常識とみなされている」
 共産党が最大の発展をなしとげてきたのは、国会の外だ。
 全国レベルでは弱いとはいえ、共産党は、他党よりも多くの議員を持っていることを誇っている。なぜなら、彼らは、市町村議会や都道府県議会に3,000以上の議席を占め、有力な存在となっているからである。
 党員たちは、より多くの時間を活動に振り向けるか、あるいは少ししか振り向けないか自由に自分で選択することができる――選挙がきたとき共産党に投票することから、社会的活動や若者向けプログラムの実現を手伝うことまで。
 党員たちの献身のおかげで、共産党の活動組織は手ごわいものになっている。
 そして、大勝利を勝ち取ることは期待していないとはいえ、共産党は、次の国政選挙がおこなわれるとき――10月までのいつか――には、多少の前進を目指している。なぜなら、麻生太郎首相と与党・自民党の不支持が広がっているからだ。自民党は混迷していて、日本を深まり行く経済危機から助け出すことはできないと広く見なされている。
 民主党は、彼ら自身のスキャンダルにつきまとわれている。しかし、志位は、メディアが2大政党制の出現可能性に注目することによって、共産党に光が当たらなくなると不満を述べ、共産党はそこから立ち上がらなければならないと言った。
 そうだとしても、若い有権者にかんしては、共産党は成功している。
 「共産党は希望を与えてくれる」と大学生のヤギは言う。「共産党が政権をとることを自分が望んでいるかどうか、私には分からない。しかし、共産党が、与党のおこなうことに影響を与えられるほど十分大きくなるべきだと思う」
 彼は、党名のせいで、実際に入党するのをためらっていると言う。
 「私は、この党がやっていることが好きだ」と彼は言う。「しかし、『共産主義』というのは、『過激派』とか『テロリスト』と同じように、スティグマ(疵)をともなっている。私は、そんな共産主義は望んでいない。私は過激派ではない」。

毎度のように、細かいところはあまり気にせず、勢いで適当に訳してます。大きなところでトホホな間違いをしていたら、ぜひご教授ください。引用・転載はお断りします。引用・転載される場合は、ご自分で、元の記事から翻訳してください。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">