ホンジュラス:軍部が大統領を追放

中米のホンジュラスで、セラヤ大統領が軍部によって拘束され、国外に追放された事件。事実上のクーデターです。

セラヤ大統領は、2005年12月の大統領選挙で与党候補を破って当選しましたが、当初は保守派と言われていました。しかしその後、アメリカが拡大しようとしたFTAAに反発し、ベネズエラなどが進める「米州ボリーバル代替統合構想」(ALBA)に参加するなど、「左傾化」が言われるようになりました。

ホンジュラスでは、現在は大統領任期は1期4年のみとされていますが、セラヤ大統領は、憲法を改正して再選を可能にするために国民投票を実施しようとしていました。

大統領の支持基盤は? また、追放前に議会勢力はどうなっていたのか? ニュースだけでは分からないことだらけです。

続きを読む ホンジュラス:軍部が大統領を追放

パソコンが起動しました!!

昨日、うんともすんとも言わなくなったパソコンですが、無事に起動しました。ヽ(^o^)/

内蔵CDドライブを認識せず、Windowsのインストール・ディスクからブートしないことは前に書きましたが、ものは試しと、USB接続の外付けCDドライブをくっつけて起動させてみたところ、見事にWindowsインストール・ディスクからのブートに成功!!

そして、エラーの修復もできました。ヽ(^。^)丿

一時は、新しいパソコンを買おうか、それともUNIXのブートディスクを借りてきて修復を試みようか、はたまたハードディスクを取り外して、別のPCにつなげてみようかと悩んだのですが、以外とあっさり解決。万々歳です。

続きを読む パソコンが起動しました!!

意外と面白いかも 『まんがで読破 続・資本論』

『まんがで読破 続・資本論』(イースト・プレス)

すでに出ていることは知っていたのですが、書店のマルクス・コーナーをいくら探しても見つからず途方に暮れていました。それもそのはず、実はマルクス・コーナーではなく、マンガ売り場にならんでおりました。(^_^;)

前作『まんがで読破 資本論』は、「蟹工船」をヨーロッパのどこかのチーズ工場に置き換えただけみたいなストーリーで、いまひとつの出来だったのですが、『続・資本論』の方は、読み応えもあって、なるほどこれが資本論かと思わせる、なかなか面白い内容になっています。

続きを読む 意外と面白いかも 『まんがで読破 続・資本論』

パソコンが起動しなくなりました

自宅で使っているパソコンが起動しなくなりました。(-_-;)

最初は、ある作業をしていてプログラムがbussyとなってしまい、タスクマネージャなどを使っても終了しなくなったため、やむを得ず強制的にシャットダウンしたところから始まりました。

で、再起動させてみると、BIOS画面が暗転したところで起動しなくなりました。

続きを読む パソコンが起動しなくなりました

岩井忠熊先生 戦後歴史学「破産」論に反撃す!!

御年87歳の岩井忠熊先生が、『日本史研究』誌上で、戦後歴史学「破産」論に敢然と反論されています。

岩井先生の論文は、次の2本。

  • 「『戦後歴史学』は本当に破産したのか」(『日本史研究』543号、2007年11月)
  • 「戦後歴史学再論――その評価をめぐって――」(『日本史研究』561号、2009年5月)

たとえば、岩井先生は、こんなふうに書かれています。

続きを読む 岩井忠熊先生 戦後歴史学「破産」論に反撃す!!

チョン・ミョンフン×東フィル×ヴェルディ「椿姫」

東フィル:ヴェルディ歌劇「椿姫」

東京フィルハーモニー交響楽団 第772回サントリー定期演奏会

ヴェルディ:歌劇「椿姫」より(コンサートスタイル・オペラ)

指揮:チョン・ミョンフン/ヴィオレッタ(ソプラノ):マリア・ルイジ・ボルシ/アルフレード(テノール):ダニール・シュトーダ/ジェルモン(バリトン):ヴァシリー・ゲレッロ
合唱:新国立劇場合唱団

サントリーホール/2009年6月26日 午後7時?午後9時40分

僕の通っている東フィルの定期はホントは日曜日のオーチャードなのですが、仕事が入ってしまったので、昨日のサントリーと振り替えてもらいました。

当日会場に行ってみると、2階LBの前の方で、舞台に近いかなりいい席でした。チケットを見るとA席。僕の定期はB席なので、かなり得な振り替えになったようです。(^_^)v

続きを読む チョン・ミョンフン×東フィル×ヴェルディ「椿姫」

毎日新聞、マルクスが売れるわけを不破さんに聞く

「毎日新聞」2009年6月26日付夕刊「特集ワイド」

本日(26日)の「毎日新聞」夕刊の特集ワイドに、日本共産党の不破さんの大きなインタビューが掲載されています。

なぜいまマルクスが売れているのか、マルクスはなぜ難しいのか、などの質問から始まって、不破さんが所長をつとめている社会科学研究所って何をするところ?  社会主義になったら共産党が天下を取るのか、などなど、何でも聞いてみようという感じです。(^^;)

取材をした記者さんがどんな方か知りませんが、「愚問ですが」と言いながら、不破さんの話を初めて聞いて、なるほどと思ったところが見出しや記事に率直に現われていると思いました。

特集ワイド:愚問ですが 今「マルクス」が売れるわけ 共産党・不破哲三さんに聞く – 毎日新聞

続きを読む 毎日新聞、マルクスが売れるわけを不破さんに聞く

これも面白い!! 『イワシと気候変動』

川崎健『イワシと気候変動』(岩波新書)

今月の岩波新書の1つ、川崎健さんの『イワシと気候変動』。めちゃくちゃ面白いです。

イワシとかサバ、ニシンなどがある時期やたらにとれたかと思うと、突然さっぱりとれなくなった――というのは、ときどき聞く話ですが、なぜとれなくなるのか?

実は、日本近海だけでなく、世界中のあちこちの海域で、何十年か周期で、ある種類の魚が大量に獲れたり獲れなくなったり、あるいは魚種が入れ替わったりしています。しかも不思議なことに、その周期が日本近海と、たとえばカリフォルニア沖とでぴったり同期していたりするのです。

でも、どうして?

続きを読む これも面白い!! 『イワシと気候変動』

これはお薦め!! 益川敏英『科学にときめく』

益川敏英『科学にときめく』(かもがわ出版)

ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんの最新著。ノーベル賞受賞記念講演を含む講演やインタビューなどを集めたものです。面白いです!! 編集を担当した方から一昨日いただいたのですが、一気に読んでしまいました。(^^;)

続きを読む これはお薦め!! 益川敏英『科学にときめく』

だから恋文じゃないって… 東京新聞が志位書簡を詳しく紹介

こちら特報部 2 (「東京新聞」2009年6月22日付)こちら特報部 1 (「東京新聞」2009年6月22日付)

本日の「東京新聞」こちら特報部で、共産党の志位和夫委員長が核兵器廃絶を願ってオバマ米大統領に送った書簡と返書が大きく取り上げられました。(^_^)v

こちら特報部:敵対超えた恋文 「志位」と「オバマ」 : 東京新聞

しかし、残念ながら、インターネットでは「こちら特報部」は前文しか読めません。(^^;)

続きを読む だから恋文じゃないって… 東京新聞が志位書簡を詳しく紹介

読売新聞 『マルクスは生きている』を評す

書評:不破哲三著『マルクスは生きている』(読売新聞2009年6月21日付)

昨日の「読売新聞」書評欄(本よみうり堂)で、不破さんの『マルクスは生きている』(平凡社新書)が取り上げられました。一般新聞の書評欄では初めて。

読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏が、「これほど平易に書かれたマルクス主義指南書も珍しい」「説明の一つ一つがわかりやすく、説得力がある」と評価しています。

マルクスは生きている : 書評(読売新聞)

続きを読む 読売新聞 『マルクスは生きている』を評す

今週の「九条の会」(6月22日まで)

全国各地の草の根で活動する地域の「九条の会」の様子を、インターネットを流れるニュース記事から拾い集めています。日付は新聞掲載日もしくはインターネット配信の日付です。

続きを読む 今週の「九条の会」(6月22日まで)

井村喜代子「現代資本主義と世界的金融危機」

『経済』2009年7月号(新日本出版社)

雑誌『経済』7月号が「大恐慌から80年 現代の経済危機」を特集。そのなかで、井村喜代子さんが「現代資本主義と世界的金融危機」という論文を書いておられます。

問題のとらえ方の枠組みは、これまでも書かれてきたものと同じですが、リーマン・ショック後の経過をふまえて、あらためてこんにちの世界的金融危機の本質がどこにあるかを論じておられます。

まず「はじめに」で、「今回の世界的金融危機は資本主義の歴史では経験しない新しい失のものであって、これまでの危機とは比べられない深刻な内容をもっている」と指摘し、今回の論文で「今回の世界的金融危機がいかなる意味で資本主義の歴史で例のない新しい質のものであるか、現代資本主義にとっていかに深刻なものであるかを示す」と、その目的を明らかにされています。

続きを読む 井村喜代子「現代資本主義と世界的金融危機」

ラザレフ×日フィル×プロコ 爆裂大音響お見事でした!!

日フィル第611回定期演奏会(2009年6月19日)

昨晩は仕事を早めに終えて、日フィルの定期演奏会へ行ってきました。今月はラザレフ氏の指揮で、プロコフィエフ・シリーズの第2弾です。

  • チャイコフスキー:組曲第4番 《モーツァルティアーナ》
  • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調
  • プロコフィエフ:交響曲第2番 ニ短調

1925年、フランス亡命中に作曲された交響曲第2番は2楽章構成で、即物的というか、破壊的というか、映画「メトロポリス」のような感じの大音響爆裂曲でした。しかし、それでも決して破綻せずに、見事に緊張感を保って演奏しきっていました。おそらく日フィルのみさんは相当しごかれたんでしょう。ほんとにブラボー!! でした。

続きを読む ラザレフ×日フィル×プロコ 爆裂大音響お見事でした!!

『資本論』第1部 第1章注16がようやく分かった!

『資本論』第1部の第1章「商品」、第2節「商品に表わされる労働の二重性」の一番最後に登場する注16の意味がようやく分かりました。(^^;)

現在の新日本新書の翻訳は、こうなっています。

続きを読む 『資本論』第1部 第1章注16がようやく分かった!

今週の「九条の会」(5月31日まで)

遅くなりましたが、5月の全国各地の「九条の会」の活動の様子です。インターネットを流れるニュース記事から拾い集めました。

続きを読む 今週の「九条の会」(5月31日まで)

政治学者・御厨貴氏 共産党本部を論ず

政治学者の御厨貴氏が、「毎日新聞」で「権力の館を歩く」という連載をやっていますが、今日の朝刊には、日本共産党本部が取り上げられています。

そもそも共産党本部が「権力の館」なのか? という根本的問題があるのですが、まあ御厨さんにそれを言っても始まらないし…。最後の「天眼鏡なしの恐竜たれ」を、御厨氏なりの最大級の褒め言葉と受け取っておきましょう。(^_^;)

権力の館を歩く:東京・代々木 日本共産党本部=御厨貴 – 毎日新聞

続きを読む 政治学者・御厨貴氏 共産党本部を論ず

WP2.8アップグレード顛末記

WP2.8にアップグレードするのに、いろいろとトラブルが発生しているようです。

僕は、たまたま自動アップグレードしなかったので、サーバー上のファイルが消滅するという被害はありませんでしたが、それでもいろいろ細かなトラブルが発生して、少々てこずりました。(^_^;)

続きを読む WP2.8アップグレード顛末記

日フィルの弦が華麗に響く? (T^T)ウルウル

日本フィルハーモニー交響楽団第186回サンデーコンサート

今日は「民族芸能を守る会」の茨木一子さんのお別れの会に参加したあと、池袋へまわって、当日券で日フィルのコンサートを聴いてきました。指揮はアレクサンドル・ラザレフ、ピアノは伊藤恵さん。

  • ウェーバー:歌劇《オイリアンテ》序曲
  • シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
  • ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 op.68

それにしても、ラザレフが振ると日フィルの音がほんとに違って聞こえますねぇ。こんなに弦がきれいに響くなんて… (T^T)ウルウル

続きを読む 日フィルの弦が華麗に響く? (T^T)ウルウル