神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル

神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル

6月30日、東京オペラシティで、神尾真由子さんのリサイタルを聴いてきました。プログラムは、

 ブラームス:スケルツォ(F.A.E.ソナタ)
 サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ニ短調 op.75
 ブゾーニ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ホ短調 op.36a
 ワックスマン:カルメン幻想曲

神尾真由子さんのヴァイオリンは、力強いというか、向こう気が強いというか、ともかくそのパワーのすごさとテクニックが魅力です。前半はロマン派の有名どころでその魅力を堪能させ、後半は現代的な作品で、さらにそのパワーとテクニックを鳴り響かせるという構成。

実際にナマで聴いてみると、もっと荒々しいのかと思っていたのですが、ずっと聴かせる演奏でした。パワーやテクニックもすてきでしたが、動から静、あるいは静から動へと移りゆくダイナミックさが印象に残りました。

ただ、3階の横側の座席だったので、身を乗り出さないとステージ上の神尾さんのお姿が見えない…。しかし、あんまり身を乗り出すと、隣の人の視界を遮ってしまう、ということで、なかなか辛いものがありました。オペラシティの3階席は、ほんと考えもんですね。

それから、これも座席の関係か、ヴァイオリンよりピアノの音の方が大きく聞こえてしまったのが、ちょっと残念でした。

アンコールは、2曲。

 パガニーニ:24のカプリソース 第24番
 マスネ:タイスの瞑想曲

これが神尾真由子さんのサイン

これが神尾真由子さんのサイン

演奏会のあとサイン会がおこなわれ、私も、セカンドアルバム「パガニーニ:24のカプリソース」を買って、サインをしていただいて参りました。(^^;)

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">