アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

チョン・ミョンフン×東フィル×ブラームスSym. 3&4

2009年11月10日 at 22:08:55

東京フィルハーモニー交響楽団第49回オペラシティ定期演奏会(2009年11月10日)

7月のブラームス交響曲第1番&第2番に続いて、チョン・ミョンフンのブラームス・チクルスの後半戦。S席(といっても2階正面の最後列ですが)をはり込んで、聴いて参りました。

  • ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 op.90
  • ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 op.98

期待していたのですが、出だしからバイオリンがばらばら。さらに、チョン・ミョンフンの指揮が強引で、良く言えば変幻自在なんでしょうが、テンポを動かしすぎて、うなるブラームスというか、こぶしの回ったブラームスというか、何ともいいがたい演奏でした。それでも、ところどころ、集中力が増してぐっと良くなるのですが、それが続かず、また音楽がどこかに拡散してしまう…。それの繰り返しでした。

7月の演奏会でも、チョン・ミョンフンの力業がやや気になったのですが、それはそれで重厚長大な演奏として聴き応えがありましたが、今回は、もうまったくダメでした。(-_-;)

そのうえ、後半、交響曲第4番の第1楽章から第2楽章にかけて、ビ――――ーという機械音がずっと鳴っていて(おそらく補聴器の調整不良?)、とても演奏を聴いていられるような状況ではありませんでした。

ホールはほぼ満席。演奏終了後は拍手大喝采でしたが、正直言って東フィルはもっとがんばらないと、これでは心配です。

【関連ブログ】
東京フィル ブラームス – Running On Empty

Similar Articles:

Tags: , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2009/11/10220855/trackback/

Leave a Reply