アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

明けましておめでとうございます

2010年1月1日 at 00:00:00

年賀状(2010年)

明けましておめでとうございます。

2009年は、真夏の総選挙で自公政権が大敗をして、日本の政治が新しい局面に入りました。まだ今のところ、この新しい局面が、本当に日本政治の新しい段階になるのか、それとも旧来の政治と同じレベルに終わるのかはっきりしませんが、それだけに今ががんばり時だと、つくづく思います。

個人的には、ドイツ語と首っ引きで『資本論』を読んで、第1部のほぼ4分の3近くまで読み進めることができました。

そのなかでいろいろと気づいたことがありますが、何よりも大事な発見だったのは、一見するとマルクスがあれこれと細かいことを書いているように思えるところでも、実は、論理的に非常に筋道たったことを書いていること。19世紀の当時のイギリス資本主義の現状についても、限られた資料を博捜して、描き出すだけでなく、その1つ1つが資本の本性の鋭い告発となっていること。それを丹念にたどっていくと、現代に通じる視覚が見事に浮かび上がってくることが分かりました。つくづく、いままでの読み方が浅かったなぁと反省します。(^_^;)

ということで、拙ブログは、981,126アクセスで新年を迎えました。いよいよ100万アクセスも目前です。引き続き2010年も Internet Zone::WordPressでBlog生活をよろしくお願いします。m(_’_)m

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “明けましておめでとうございます”

  1. 明けましておめでとうございます。
    『資本論』の訳語へのゲンミツな検討や、ヘーゲルの論理と概念の吟味など緻密な読み込みぶりに、拝読していて勉強になります。

    今年もよろしくご教示ください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/01/01000000/trackback/

Leave a Reply