アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

本日のお買い物

2010年1月20日 at 21:51:04

金聖響指揮/オーケストラ・アンサンブル金沢:ブラームス交響曲全集

言わずと知れた金聖響指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢によるブラームス交響曲全集。

ピリオド奏法+小編成の室内オケ、ということで弦の音がかなり繊細。それをブラームスらしいと感じるか、それともブラームスらしくないと感じるか、それは人それぞれ。僕にとっては、小春日和の秋の午後の陽射しという、ブラームスのイメージに近いかも。

金聖響氏が、この全集に込めた思いは、こちらの本をどうぞ。

第1番は、全体で約44分。今でこそ、これは当たり前のスピードになったけれど、かつては50分を超える演奏もたくさんありました。

新宿のタワーレコードで購入。定価通りの6300円。

【CD情報】
収録曲:CD1 ブラームス:交響曲第1番、CD2 同第2番、悲劇的序曲、CD3 交響曲第3番、大学祝典序曲、CD4 交響曲第4番/指揮:金聖響/管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢/発売:2009年9月/発売元:エイベックス・クラシックス AVCL-25461?4(CD4枚組)/録音:石川県立音楽堂2007年4月19日?2008年3月1日

Similar Articles:

Tags: , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/01/20215104/trackback/

Leave a Reply