アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

CDで聴く『資本論』

2010年3月5日 at 21:33:22
audio CD--Karl Marx:Das Kapital(6CDs)

audio CD--Karl Marx:Das Kapital(6CDs)

注文していた『資本論』の朗読CDが届きました。

さっそく聴いてみましたが、ただ延々と『資本論』を朗読しているだけ。もちろんドイツ語で、カピタルとかアルバイツ、ポリティシェ・エコノミなど、ところどころ分かる単語が出てきますが、あとはチンプンカンプン…

しかし、文字でしか追ったことのなかった『資本論』がネイティブの発音で聴ける、というのは、ちょっと不思議な感覚です。(^_^;)

CDは全部で6枚。しかし、これでも収録されているのは、『資本論』のごく一部で、以下の6つのみ。

初版序文
第8章「労働日」
第11章「協業」
第12章「分業とマニュファクチュア」
第13章「機械と大工業」
第24章「いわゆる本源的蓄積」

まあ、それなりにおもしろいところを選んだという気もしますが、ドイツ人は、この朗読を聴いてだけで、マルクスの言っていることが分かるんでしょうか?

Amazon.co.jp: Das Kapital: Karl Marx, Johannes Steck: 洋書

えっと、買ってみるのは自由ですが、僕に「聴いてみたけどさっぱり分からない」と苦情を言われても、いっさい受け付けません。あくまで自己責任でお買い求めください。(^_^;)

Similar Articles:

Tags: , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/03/05213322/trackback/

Leave a Reply