アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

資本論英語版と第2版(新MEGA)を手に入れました!!

2010年4月25日 at 12:58:02
資本論英語版(1918年、左)と第2版(新MEGA 第2部第6巻、右)

資本論英語版(1918年、左)と第2版(新MEGA 第2部第6巻、右)

またまた新しい資本論を入手。

1つは、ドイツ語第2版(1872年)を収めた新MEGA第2部第6巻(写真右)。もう1つは、エンゲルス監訳の英語版(写真左)です。

ドイツ語第2版は、マルクス自身の手による最後の改訂版なので、前々からなんとしても手に入れたいと思っていました。しかし、もちろん第2版そのものは古書としても非常に貴重で、稀少かつ高価。新MEGAのこの巻も、実はなかなか出回りものがありません。本巻には、資本論第2版のほかに、マルクスが初版からの改訂部分の原稿も収められています。

英語版の方は、ロンドンのグライシャー社発行の1918年版。もともと英語版は、1887年にゾンネンシャイン社から発行されましたが、『資本論辞典』(青木書店、1966年)によると、その後ゾンネンシャイン社が廃業し、発行所がアンウィン社、グライシャー社と引き継がれたそうです。

扉見返しには、英語版初版以来の増刷の刊行年が書かれていますが、それによれば1918年版は第13刷ということになるのですが、これは『資本論辞典』の記述とはあいません。『資本論辞典』によれば、第13刷は1909年刊、1918年刊のものはなく、第15刷1916年刊、第16刷1919年刊となっています。

新MEGAの方は、国内の古書店で13,000円しましたが、英語版は、インターネットの海外古書店で購入、送料込みで19.85ドルと超お安く入手できました。(^_^;)

Related Articles:

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/04/25125802/trackback/

Leave a Reply