アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

嗚呼 安永航一郎大先生の新作が!!

2010年5月19日 at 20:46:13

安永航一郎『青空にとおく酒浸り』(徳間書店)

小雨の中、ぷらりと立ち寄ったマンガ屋さん。なんと! 『県立地球防衛軍』『陸軍中野予備校』という超名作を生み出した、あの偉大な安永航一郎大先生の新作があるではないですか!!

ということでさっそく買って参りました。『青空にとおく酒浸り』第1巻(徳間書店)

主人公は、怪しげなMMを密かに体内に飼っている判崎小朝(13歳)という中学生。のはずなんですが…

彼女の父親が、あまりにひどいキャラ。支離滅裂なギャグは不滅ですが、あまりに下ネタが…。はたしてこんなのでストーリーがもつんだろうか、と思っていたら、連載第3話で、早くも小朝ちゃんの出番がなくなってしまった…。

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/05/19204613/trackback/

Leave a Reply