アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

読み終わりました

2010年9月10日 at 23:08:25

村岡俊三『マルクス世界市場論』(新評論)

村岡俊三氏の最初の著書である『マルクス世界市場論』(新評論、1976年)。

信用論や為替理論はまったくのど素人ですが、村岡氏の議論は、マルクス経済学の通説とはかなり違っているとはいえ、僕には、マルクスの信用論からまっすぐ世界貨幣論や外国為替論を展開されているように思いました。

あらためてマルクスの議論をきちんと読み返してみたいと思います。

Related Articles:

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “読み終わりました”

  1. 仏米の違い

    Why Millions March in France, But Not in the US – アメリカの経済学者 Rick Wolff さんによる論考。フランスでは何百万人もが参加してデモやストが行なわれるのに、アメリカでは大きな抗議行動がほと…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/09/10230825/trackback/

Leave a Reply