読み終わりました

村岡俊三『マルクス世界市場論』(新評論)

村岡俊三氏の最初の著書である『マルクス世界市場論』(新評論、1976年)。

信用論や為替理論はまったくのど素人ですが、村岡氏の議論は、マルクス経済学の通説とはかなり違っているとはいえ、僕には、マルクスの信用論からまっすぐ世界貨幣論や外国為替論を展開されているように思いました。

あらためてマルクスの議論をきちんと読み返してみたいと思います。

Related Articles:

Similar Articles:

  1. 壊れる前に… - trackback on 2010/09/12 at 00:00:56

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: