これぞ完璧なシューマン パーヴォ・ヤルヴィ×ドイツ・カンマーフィル

パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団シューマン交響曲全曲演奏会

昨日、今日とオペラシティで、パーヴォ・ヤルヴィ&カンマーフィルのシューマン交響曲全曲演奏会を聴いてきました。

まず3日のプログラム。

  • シューマン:序曲、スケルツォとフィナーレ op.52
  • シューマン:交響曲第4番 ニ短調 op.120
  • シューマン:交響曲第1番 変ロ長調 op.38 《春》

4日のプログラムはこちら。

  • シューマン:《マンフレッド》序曲 op.115
  • シューマン:交響曲第2番 ハ長調 op.61
  • シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 op.97 《ライン》

4曲の中で一番よかったのは、やっぱり初日の第4番。先日、カンブルラン×読響で同曲の「第1稿」を聴きましたが、今回はいわゆる改訂稿。重苦しさと軽やかさとがないまぜになって立ち上ってくるシューマン独特の香りが、実に見事に伝わってきました。

カンマーフィルの編成は 8-6-4-6-3?。先日、NHKホールでベートーヴェンの交響曲第5番他を聴いたときは、ホールがでかすぎたうえに、2階席のいちばん後ろから3列目という席の悪さもあって、まったく音が伝わってこず、がっかりでした。しかし、タケミツメモリアルは、このサイズのオケにぴったり。見事にそろった透明度の高い弦に、完璧な管。小編成だから、木管の音がきわだっています。パーヴォ・ヤルヴィの棒に合わせて変幻自在。もう、まったく文句のつけようがありません。

今日は、第2番がお見事でした。これは、演奏の差というより、作品そのものの違い。第3番はよく演奏されますが、僕の好みとしては、もう少し「陰」がほしいところ。その点、2番はぴったりでした。だからといって第3番が悪かった訳ではなく、とくにホルンはお見事でした。音程はしっかり安定していて、朗々と響くのですが、音がちっとも濁らない。さすがです。

初日、アンコールはブラームス:ハンガリー舞曲第6番。本日はハンガリー舞曲第5番とシベリウス:悲しきワルツ op.44-1と2曲もアンコールがありました。スラブと北欧への「こだわり」は、エストニア出身のパーヴォ・ヤルヴィならでは。とくにハンガリー舞曲第5番は、激しく奏でたかと思うと、その合間、合間はねっとりと情感たっぷりな甘〜い甘〜い演奏でした。(^_^)v

ということで、パーヴォ・ヤルヴィの新CD、シューマン交響曲全曲集は買いですね。

【関連ブログ】
東条碩夫のコンサート日記 12・3(金)パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルのシューマン
東条碩夫のコンサート日記 12・4(土)ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルのシューマン 第2日
パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団(11月24日 東京文化会館、12月3日 東京オペラシティコンサートホール) – LINDEN日記
隠居通信(大神田俊郎の音楽雑感他):今年最高の演奏会は決まった〜パーヴォ・ヤルヴィ、ドイツ・カンマーのシューマン3

やっぱりいろんな人が聴きに来られていたんですねぇ〜 (^_^)v

【演奏会情報】
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ/演奏:ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団/会場:東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル/開演:2010年12月3日 午後7時、2010年12月4日 午後3時

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">