年の初めの試しとて…

東京交響楽団第585回定期演奏会(2011年1月6日)

本日は、アリス=紗良・オットさんが東京交響楽団と競演するということで、サントリーホールへ行ってきました。

  • リスト:ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
  • マーラー:交響曲第1番 ニ長調 op.92 「巨人」

今年最初のコンサートです。まず前半、真っ赤なロングドレスに身を包んで裸足のアリス=紗良・オットさんが登場。

しかし、演奏が始まると、なんだか歯切れが悪いのです。今回は、ソリストを間近にみようと、めずらしくLB席をとったのですが、それが悪かったのか。対抗配置で、手前にベースが並んで低音がぐわんぐわん響いてくるし、管が左手から聞こえてくるという奇妙な感覚に、ちょっと戸惑いもしましたが、どうもそれだけではありません。オケが鈍重で、彼女の演奏にまとわりついてくるようで、ピアノが冴えてきません。協奏曲にしてはめずらしくトライアングルが加わっているのですが、それまでなんだかずるずると引きずるように聞こえて、最後までモヤモヤが晴れぬままでした。

アンコールはショパン「ノクターン第20番 嬰ハ短調」。タッチのやわらかさは、さすが彼女ならではの繊細な演奏でした。

後半のマーラーはというと、これがまったく艶がなく、マーラーらしくありません。ホルンやトランペットの音程が不安定。木管はささくれだつばかりで、ところどころでは、縦の線まで怪しくなってきます。トライアングルが相変わらず微妙に遅れて、ずるずると引きずるような感じだし、ティンパニは鳴らないし。これが、スダーン指揮であのブルックナーを聴かせた同じオケなんでしょうか?

今回は、アリス=紗良・オットさんめあてでチケットを買いました。飯森範親氏とは前から相性が悪いので危惧はしていたのですが、予想どおりの結果になってしまいました。残念……。

【関連ブログ】
東条碩夫のコンサート日記 1・6(木)飯森範親指揮東京交響楽団

【演奏会情報】 東京交響楽団第585回定期演奏会
指揮:飯森範親/ピアノ:アリス=紗良・オット/コンサートマスター:高木和弘/会場:サントリーホール/開演:2011年1月6日 午後7時

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です