アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

在日フランス大使館は、都内在住フランス人に外出自粛を呼びかけ

2011年3月15日 at 15:12:47

在日フランス大使館は、ホームページで東京に滞在するフランス人を対象に「10時間ほどで弱い放射線が東京に到達する恐れがある」として、外出を控えるように勧告しているそうだ。

日本政府や東京都は、「ただちに健康に影響はない」とくり返しているんだけどね。

仏大使館…自国民に外出自粛の呼びかけ:読売新聞

仏大使館…自国民に外出自粛の呼びかけ

[2011年3月15日14時12分 読売新聞]

 在日フランス大使館は15日午前、福島第一原発での一連の事故を受け、「10時間ほどで弱い放射線が東京に到達する恐れがある」として、都内に滞在する自国民に外出を控えるよう勧告、さらに、「パニックに陥らず、家の窓を閉じよう」と呼び掛けた。
 同大使館はこれに先立ち、東日本で強い余震発生の恐れがあるとして、直ちに東京を離れるよう仏国民に求めていた。
 英紙フィナンシャル・タイムズによると、東京からの退避勧告を出したのはフランスが初めて。
 ほかの各国でも、日本への不要不急の渡航の自粛を自国民に求める動きが加速している。
 米国務省は13日に自国民への勧告を発表し、水、食料の不足や交通、通信などの問題から、日本への不急の渡航を自粛するよう求めた。緊急の任務がない政府要員にも訪日を見合わせるよう指示したという。日本に滞在中の米国人については、在日米大使館は「日本の治安当局の指示に従うように」と求めている。
 韓国外交通商省も日本への渡航自粛を勧告した。

で、フランス大使館のよびかけを翻訳している方がいらっしゃいました。

福島原発事故:フランス大使館が「関東から出ろ」。翻訳文です。:パリ・南仏 コートダジュールの日記:So-netブログ

これを読むと、「とりあえず屋内にいるように」といった一般的な注意喚起ではなくて、原発のコントロールに成功するか、あるいは、コントロールに失敗して、放射性物質が四散する爆発事故にいたるか、「どちらになるかは、ここ3、4日の問題」と、非常に具体的に指摘して、特別な理由がないかぎり首都圏にとどまるべきではないと勧告しています。

Similar Articles:

Tags: ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/03/15151247/trackback/

Leave a Reply