アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

30キロ圏外でも年間30ミリシーベルト以上 仏研究所が発表

2011年4月12日 at 23:40:39

共同通信によると、フランスの放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が、福島第1原発の事故で放出された放射性物質による1年間の推定積算被曝量を示す地図を公表したそうです。

【放射能漏れ】30キロ圏外でも30ミリシーベルト超 仏研究所、年間被ばく量推定 – MSN産経ニュース

ということで、この推定地図を探してみました。それがこれ↓。

年間推定積算被曝量(IRSN)

年間推定積算被曝量(IRSN)

30キロ圏外でも30ミリシーベルト超 仏研究所、年間被ばく量推定

[MSN産経ニュース 2011.4.12 10:57]

 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は12日までに、福島第1原発事故で放出された放射性物質による1年間の推定積算被ばく量を示す地図を公表した。それによると、原発から30キロ圏外にある福島県飯館村や川俣町の一部で30ミリシーベルトを超える恐れがあることが分かった。
 米エネルギー省が3月30日から4月3日にかけて観測した結果を基に計算した。
 IRSNによると、積算被ばく量の多い地域は米エネルギー省の観測と同様、福島原発から北西地域に帯状に延び、30キロ圏外の2カ所で30ミリシーベルト超となった。
 IRSNは、放射性物質の広がる範囲について原発からの距離だけではなく、風向きや降水、降雪の影響を受けると指摘。今後もデータ収集に努め、より正確な推定地図を作る意向を示している。(共同)

IRSNの福島原発事故関連の公表資料はこちら↓。(正確には、日本滞在中のフランス人向けの情報)

Informations pour les résidents français au Japon

このなかの、Bulletin d’information n°2 du 8 avril 2011 というのをクリックしてください。約360KBのPDFファイルが開きます。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/04/12234039/trackback/

Leave a Reply