米エネルギー省が年間累積被曝線量を予測

福島第1原発周辺の被ばく線量予測図(米エネルギー省)

福島第1原発周辺の被ばく線量予測図(米エネルギー省)

米エネルギー省が、福島第1原発周辺で、事故後最初の1年間に受ける累積被曝線量の推計値を発表した。

それをみると、福島第1原発から北西方向に50km近くに、年間累積被曝線量が2000ミリレム(20ミリシーベルト)を超える領域が広がっている。大きな傾向としては、福島大学が発表したマップや、原子力安全委員会が発表したSPEEDI の予測とも共通している。

福島第1原発:80キロ圏内年1ミリシーベルト超 米予測:毎日新聞

Read more »