アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

原子力のことが分かりやすく

2011年5月15日 at 20:54:13
舘野淳『原子力のことが分かる本』(数研出版)

舘野淳『原子力のことが分かる本』

正式なタイトルは『原子爆弾から原子力発電まで 原子力のことが分かる本』(舘野淳著、数研出版)。

子ども向けの学習書で、ほとんどすべての漢字にルビが振ってありますが、中身は大人でも十分なほど。「原子のしくみ」「原子力の歴史」「原爆の恐るべき威力」「原子力発電という技術」の4章立てで、核分裂のしくみから放射能とはなにか、原子爆弾と原子力発電の違い、原子力発電のしくみ、原子炉の種類、原子力発電所の安全対策、核燃料ができるまで、核燃料サイクル、高速増殖炉とプルサーマル、原子力発電所事故、原子炉の寿命、原子力発電の良いところ悪いところ、などなど、一つ一つ順番に分かりやすく解説しています。

福島原発事故で、初めて原子力発電って何? と思った方におすすめの一冊です。

本書の目次はこちら↓から。

原子爆弾から原子力発電まで 原子力のことがわかる本:数研出版

ところで、第4章の11「日本での原子力発電所事故」では、もんじゅのナトリウム漏れやJOCの臨界事故とともに、これまで東京電力が犯してきた事故隠しも取り上げられています。東電の事故隠し体質の根深さをあらためて考えさせられました。

【書誌情報】
著者:舘野淳(たての・じゅん、元日本原子力研究所研究員)/書名:原子爆弾から原子力発電まで 原子力のことが分かる本/出版社:数研出版/発行:2003年7月/定価:本体1100円+税/ISBN4-410-13816-2

Similar Articles:

Tags: , , ,

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “原子力のことが分かりやすく”

  1. 浜岡原発は「津波対策までの運転停止」ではなく「廃炉」を!

    静岡県・御前崎にある、浜岡原発は、東海地震による津波対策が行われていないとして、その津波対策の工事が終るまでの数年間だけに限定された形で、運転停止の要請が、菅直人総理大…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/05/15205413/trackback/

Leave a Reply