こんなマラ5は初めて

ペトル・ヴロンスキー

ペトル・ヴロンスキー©木之下晃

昨夜はふたたび読響の定期演奏会で、冷たい雨の中、サントリーホールへ。指揮は、先週の名曲シリーズと同じくペトル・ヴロンスキー氏。ピアノは清水和音氏。

  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 k.491
  • マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

先週のドヴォルザーク・プログラムがとてもよかったので期待したのですが、前半のモーツァルトは、清水氏が非常に繊細にピアノを弾こうとしているのに、オケがどちらかというと出しゃばり気味で(いちおう10-8-6-4-3編成なんですが)、なんとも言いようのない、まとまりのなさ…。これでは、後半のマーラーが思いやられると、なかばあきらめておりました。

で、演奏が始まってみると、オケはバラバラ。こりゃ、あかん…と思ったほど。ところが、第1楽章の途中からオケがまとまってくると、これがなかなかの演奏で、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

といっても、バーンスタインのような、ドロドロとした「ユダヤ性」を全面に押し立てた演奏でもなければ、インバルのような颯爽としたマーラーでもなく、田舎風というか土俗的というか、野趣あふれるマーラーでした。第4楽章のアダージェットも、「ベニスに死す」のような上流階級の退嬰的な雰囲気はまったくなし。だけれども、海の底(海を連想したのはやっぱり「ベニスに死す」の影響なのだろうが)からわき上がってくるような、その哀調は非常に強く迫ってくるものがありました。終わってみれば、拍手大喝采。あとで友人のD井君の感想を聞いてみると、テンポがかなり遅かったとのこと。出だしで足並みがそろわなかったのはそのためかも知れません。

オケの演奏では全体として金管が大健闘(出だしでトランペットがちょっとこけたりしてましたが、そういう不安定さを含めてやるのがこの曲の良さかも知れません)。とくにホルンがよく、第3楽章のソロは見事でした。

また、ヴィオラの低音が目立っていたのが印象に残りました。他にも、普段は埋没してしまうような楽器の旋律が、ところどころで浮き上がってきて、そのあたりにもヴロンスキーの演出があったのかも知れません。

好き嫌いは分かれるかも知れませんが、ともかくこれまで聴いたことのないマーラーを楽しませていただきました。

【関連ブログ】
東条碩夫のコンサート日記 5・23(月)ペトル・ヴロンスキー指揮読売日本交響楽団
ヴロンスキー/読響(2011/5/23): 音楽の都
ヴロンスキー&読響 – Enoの音楽日記
ましましの音楽日記 読響――第504回定期演奏会(2011年5月23日)

【演奏会情報】 読売日本交響楽団第504回定期演奏会
指揮:ペトル・ヴロンスキー/ピアノ:清水和音/コンサートマスター:デヴィッド・ノーラン/会場:サントリーホール/開演:2011年5月23日 午後7時

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">