「カール・マルクスは正しかった!!」

ドクター「最後の審判」の異名をとるエコノミスト、ノリエル・ルービニ氏が、ウォールストリートジャーナルのインタビューにこたえて、「マルクスは正しかった」と答えたそうだ。

Marx was right; capitalism can destroy itself: Roubini | Financial Post

Marx was right; capitalism can destroy itself: Roubini

Pam Heaven Aug 12, 2011 – 9:04 AM ET | Last Updated: Aug 12, 2011 1:39 PM ET

Nouriel Roubini cited an even more controversial economist than himself this week when explaining the state of the world’s turbulent economy.

“Karl Marx got it right, at some point capitalism can destroy itself,” said Mr. Roubini, in an interview with the Wall Street Journal. “We thought markets worked. They’re not working.”

Mr. Roubini also said there is more than a 50% chance the world will plunge into another global recession and the next two to three months will reveal the economy’s direction.

“We are at stall speed right now, and we do not know if we are going to go up, or down,” he said.

Known as Dr. Doom for his prediction of the 2008 financial crisis among other dire forecasts, the economist said more monetary policy is needed from central banks to avoid another meltdown.

“There could be QE3, QE4, QE5 in the long-haul,” in the United States, he said.

But monetary policy alone will not be enough, and business and governments are not helping.

Developed economies such as the United States and countries in the eurozone are implementing austerity programs to try to fix their debt-ridden economies, when they should be introducing more monetary stimulus, he said.

And by slashing labour costs and sitting on capital, U.S. businesses have created a “catch-22.”

“Because you cannot keep shifting income from labour to capital without not having excess capacity and lack of aggregate demand. And that’s what’s happening,” the economist said.

In the wide-ranging interview, Mr. Roubini said it is possible that Italy or Spain could choose to leave the eurozone within five years. He also didn’t disagree with the premise of Standard & Poor’s controversial downgrade that the United States was on a unsustainable fiscal path, made worse by Washington’s gridlock.

Roubini says he’s putting his money in cash, with U.S. Treasurys a smart bet. “Now is not the time for risky assets,” he said.

With files from Dow Jones

ということで、ヘッポコ訳です。しかし、金融関係の用語はようわかりまへん…。(^_^;)

マルクスは正しかった。資本主義は自壊するだろう――ルービニ

[フィナンシャル・ポスト:パム・ヘブン:2011年8月12日午前9時4分 東部標準時:最終更新 2011年8月12日午後1時39分 東部標準時]

 ノリエル・ルービニは、今週、混乱する世界経済情勢を説明したさいに、彼自身以上に論争的な経済学者を引き合いに出した。
 「カール・マルクスは、資本主義は自壊するだろうと指摘したという点で、正しかった」。ルービニ氏は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」のインタビューの中で、こう言った。「私たちは市場が機能すると考えたが、市場は機能していない」
 ルービニ氏はまた、世界が新たなグローバルな景気後退におちいる可能性は50%以上ある、2、3ヵ月のうちに経済の方向性が明らかになるだろうと語った。
 「私たちは、たった今失速している。景気が上向きつつあるのか、落ち込みつつあるのかわからない」と彼は言う。
 他のエコノミストの予測が惨めなほど外れるなかで、2008年に金融危機を予言したことで「ドクター・最後の審判」として知られるエコノミストは、新たなメルトダウンを回避するために中央銀行からもっと通貨政策が必要だと言った。
 アメリカでは「量的緩和の第3弾(QE3)、第4弾(QE4)、第5弾(QE5)が必要だろう」と彼は言った。
 しかし、通貨政策だけでは十分ではないだろう。経済界と政府は助けにならない。
 アメリカやユーロ圏諸国のように発達した経済は、いっそうの通貨刺激策を導入すべきときに、借金だらけの経済を回復させようとして、厳格なプログラムを実行している、と彼は言った。
 そして、労働コストを切り下げ、資本に荷担することで、アメリカ産業界は「キャッチ22」〔矛盾した状況〕をつくり出してきた。
 「なぜなら、労働からの収入を資本に転化し続けることができるのは、過剰能力および総需要不足をもたない場合だけだからだ。そして、いま起こっているのはそれだ」とこのエコノミストは言った。
 幅広いインタビューのなかで、ルービニ氏は、イタリアあるいはスペインが5年以内にユーロ圏離脱を選択するかも知れないといった。彼はまた、スタンダード&プアーズによる格下げの前提――アメリカは持続不可能な財政の道筋をすすんでいて、ワシントンの渋滞によってますます悪くなっているという――には同意した。
 ルービニは、自分のお金は現金と賢明なだけアメリカ国債持っていると言う。「今は、リスクの多い資産を求める時ではない」と彼は言った。

それにしても、このインタビュー、いくらWSJ.comを探してもでてこんなぁ〜と思っていたら、動画でアップロードされていました。

Video – Dr. Nouriel Roubini Claims Karl Marx Was Right About Capitalism Destroying Itself – WSJ.com

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">