資本論第2版を手に入れました(^_^)v

『資本論』ドイツ語第2版を手に入れました。といっても、現物ではありません。Googleブックスでスキャンされたものですが…。でも、PDFで全文ダウンロード可能です。(^_^)v

Das kapital: Kritik der politischen … – Karl Marx – Google ブックス

いろいろ調べてみると、ドイツ語第2版だけでなく第3版第4版フランス語版英語版(ゾンネンシャイン版)も全文PDFになっていました。(初版はいくら探しても見つからないようです)

ドイツ語第2版(1872年刊)は、マルクスが生前編集した最後のドイツ語版ですが、マルクスはさらに、第3版編集のためのメモ(「指示書き」)を残しています。

ただし、メモは「第2版の何ページ何行目から何ページ何行目までは、フランス語版何ページ何行目から何ページ何行目までに置き換える」云々という形になっていて、これまでは第2版を見ることができなかったので、どこからどこまでを書き換えるつもりだったのか、確かめるのがかなり面倒でした。

しかし、これで簡単に第2版の本文を確かめて、現行版(第4版にもとづく)と対照することができます。こんなことは、70年代には考えられなかった事態です。

Googleブックスは、著作権問題など物議をかもしていますが、こういうのは大歓迎です。

Similar Articles:

  1. 情報ありがとうございます。でも、すごいことですねえ。こうなると原書収集・所蔵は、不用かもしれません。ページに手書きの書き込みがあるのは、私家本をスキャンしたということでしょうか。

  2. nakayoshiさん、こんにちは。

    『資本論』第2版は、Googleブックスの書誌情報によれば、ハーバード大学の蔵書とのこと。ヴォルフへの献辞が書かれた扉の前のページには、1873年何月19日という日付と誰かの名前が書かれていますが、僕には判読できません。

    もともと誰かの個人蔵書だったものが、現在はハーバード大学に収蔵されている、ということのようです。

    書き込みも、初めの方だけで、後ろになるとほとんど書き込みはありません。はたして旧蔵者はどこまでこの本を読んだのでしょうかねぇ。(^_^;)

  3. GAKUさん、いつも、貴重な情報ありがとうございます。
    Google すごいですね。

  4. barabaraさん、こんばんは。

    実は、マルクスが『資本論』でよく使っているアンドリュー・ユアの「工場の哲学」もGoogleブックスで全文見ることができます。しかも、マルクスが使った英語版と同じ版なので、ページ数も一致します。

    The philosophy of manufactures: or … – Andrew Ure – Google ブックス

    こっちは、バベジの『機械と工場の経済学』。ただし、こちらはマルクスが使ったものとは版が違うので、ページ数が合いません。(^_^;)

    On The economy of machinery and … – Charles Babbage – Google ブックス

    そして、これ↓は、ポッペの『技術学の歴史』。マルクスが使用したものと同じ版のようですが、髭文字なのでほとんど読めません。(^_^;)

    Geschichte der Technologie – Johann Heinrich Moritz von Poppe – Google ブックス

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">