大阪市長選:かくなる上は橋下「独裁政治」を断固阻止しよう!!

2011年11月5日 (土) at 00:20:23 Posted in 選挙

先日、共産党の大阪府委員会が「橋下・『維新の会』によるファッショ的な独裁政治に『ノー』の審判を下すため、府民の広大な共同を」というアピールを発表していましたが、その答えがこれだったんですね。

渡司考一さんの決断にエールを送りたい。そして、こうなった以上は市長選できっぱりとした結果をだしてほしい。

共産推薦の渡司氏が立候補見送り 大阪市長選:朝日新聞

共産推薦の渡司氏が立候補見送り 大阪市長選

[asahi.com 2011年11月5日0時0分]

 13日告示、27日投開票の大阪市長選で、共産党推薦で立候補を表明していた前大阪市議の渡司(わたし)考一氏(59)が4日、出馬を見送ることを決めた。支援団体「大阪市をよくする会」の幹部は「橋下徹氏の『独裁』を阻むための名誉ある撤退」と説明。市長選は現職の平松邦夫市長(62)と、前大阪府知事の橋下徹氏(42)との一騎打ちになりそうだ。
 渡司氏は4日夜、朝日新聞に対し「私の出馬で『反独裁』の票が割れ、橋下氏の当選を許すことを避けたかった」と不出馬の理由を語った。渡司氏の支援団体は今後、平松氏と政策協定などは結ばないものの、支持者には平松氏への投票を呼びかける方針という。
 共産は、戦後初となる1947年の大阪市長選に公認候補を擁立するなど、推薦や公認候補を立てることにこだわってきた。今回、特定候補の当選阻止を掲げ、告示直前になって出馬撤回に踏み切ることは「前代未聞」(共産関係者)と言える。支持者にも波紋を広げそうだ。

Similar Articles:

Tags: ,

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/11/05002023/trackback/

Leave a Reply