半径20kmとは…

本日の「東京新聞」夕刊で、作家のたくきよしみつ氏が「原発『警戒区域』の隣で」と題する論文を書かれている。そこの載せられた地図が、

これ↓。

たくきよしみつ「原発『警戒区域』の隣で」(「東京新聞」2011年11月14日夕刊)

東京電力の品川火力発電所を中心として、半径20kmおよび30kmで描かれた円だ。20km圏内には、東京23区がほぼすっぽり入り、30kmだと横浜市、さいたま市、千葉市のかなりの部分までが含まれる。

福島第一原発から約25kmの川内村に暮らすたくき氏は「半径20キロの円というものを首都圏の人は想像できるだろうか」と書かれているが、正直、僕はもっと狭いものとイメージしていた。

この地図を見て、しばし絶句…。

これだけの範囲が、いま現実に立入禁止となっている。あらためて原発事故の大きさと、おのれの想像力のなさを考えさせられた。

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です