「僕ら」は幸福だというトンデモ本を読まされる不幸

140字という制約があるので、ちょっと言葉足らずのところもありますが、個々の中身が問題なのではなく、この著者の問題にたいするアプローチの仕方が問題なのです。

Read more »