12月のコンサート途中経過

2011年12月18日 (日) at 20:48:20 Posted in 音楽

都響第726回定期演奏会(2011年12月12日)読響第510回定期演奏会(2011年12月13日)佐渡裕指揮、東フィル「第九」特別演奏会(2011年12月18日)

12月のコンサートの途中経過です。

まず、12日は都響の定期演奏会Aシリーズで上野の文化会館へ。今月はインバルの登場です。

  • ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番 op.126
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47

翌13日は読響の定期演奏会。指揮は秋山和慶氏。

  • モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136(125a)
  • ハイドン:交響曲第104番 ニ長調 〈ロンドン〉
  • R・シュトラウス:交響詩〈ツァラトゥストラはこう語った〉op.30

そして、本日の、佐渡裕指揮、東フィル「第九」特別演奏会。

  • ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付」 op.125

3回のコンサートで最もよかったのは、なんと言っても今日の佐渡裕指揮による第九演奏会です。

佐渡裕氏の指揮で演奏を聴くのは今日が初めて。もっとど派手にやるのかと思っていたら、意外とやさしく甘美な演奏。テンポも割とゆったりとした感じで、全体で約70分かかりました。オケは14-12-10-8-7の、やや小振りの編成。コーラスもステージ上に並び、総勢で約80名でした。ソリストはコーラスの前(つまりオケの後ろ)でした。ソロは、ソプラノ横山恵子、アルト谷口睦美、テノール西村悟、バリトン甲斐栄次郎。合唱は東京オペラシンガーズ。

佐渡さんは、今朝の「題名のない音楽会」で、この「第九」第4楽章の歌にベートーヴェンが込めた気持ちを、佐渡さんが男声コーラスと一緒に肩を組んで歌うなど、ユニークなやり方で紹介していました。それを見たからかどうかは分かりませんが、ともかくベートーヴェンがこの合唱に込めた思いがビンビンと伝わってきました。ソリストの面々も見事でしたが、オペラシンガーズの合唱がすばらしかった。これまで何回となく「第九」を聞きましたが、これほど歌の気持ちがストレートに響いてきたのは初めてです。

終わったあと、4回のカーテンコールの間もほとんど席を立つ人はなし。満席のサントリーホール全体が感動した演奏会でした。

その次は、インバル指揮の都響定期。いつもはBシリーズなのですが、今月は20日が綱領教室と重なったため、振り替えていただいて、12日のAシリーズを聞いてきました。

1曲目、ショスタコのチェロ協第2番は、生で聴くのは初めて。これまでとらえどころのない曲だなぁ〜と思っていたのですが、リプキンの演奏を聴いてみると、弦楽四重奏をオーケストラに拡大したような、なかなか複雑な作品で、ところどころにショスタコらしい諧謔も加わって、屈折した作曲家の精神世界に引き込まれてしまいました。

2曲目は、いうまでもない超有名曲。インバルの演奏は、これをうまくまとめてしまわないで、不協和音的に響くところもそのままがつんと響かせるという感じ。それが、響きの少ない文化会館でますます刺々しく聞こえました。とりわけ第3楽章から第4楽章冒頭にかけては、今の日本で聞くにはあまりに切なすぎました。

しかし、この日は、1曲目、陰鬱な作品が終わったと同時、というよりも最後の音がこれからホールに響いていこうというその瞬間に、盛大な拍手をしたアホがいて、せっかくの余韻が台無しにされてしまいました。なにより演奏者のリプキンががっかりしたはずで、その証拠に、2日後のオペラシティではアンコールにこたえたのに、この日はアンコールなし。同じアホは、2曲目でもフライング拍手をくり返していましたが、かつての日フィル木曜定期の「無頼棒」男[1]いらいの超ど級のアホです。

最後は、13日の読響定期。秋山和慶氏の指揮は初めてなので期待したのですが、いかんせん、R・シュトラウスの「ツァラトゥストラ」ではそれがさっぱり分かりませんでした。前半、ディベルティメントは、僕的には、お抱え宮廷楽士として「こんなん出来ました」的な作品(それでもこれだけ見事なのは、さすがモーツァルトなのですが)で、苦手な曲。ハイドンの最後の交響曲「ロンドン」は、ハイドンの曲としてはかなり聴き応えのある作品で、この日の3曲の中では一番面白く聞きました。

ということで、いよいよ今年も、残すところは26日の読響「第九」演奏会(下野竜也指揮)だけ。いよいよ大団円へ向かって、ラストスパートです。(^_^;)

  1. 昔、日フィルの木曜定期で、毎度毎度、フライング・ブラボーをかますお客がいて、日フィル協会の機関紙「市民と音楽」が奉ったあだ名が「無頼棒」。木曜定期からお客さんが逃げ出す原因の1つになった。 []

Similar Articles:

Tags: , , , , , , ,

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2011/12/18204820/trackback/

Leave a Reply