Archive for 2012年4月

自民党の憲法改正草案についてつぶやきました

2012年4月29日(日) 00:13:16

自民党が27日に発表した憲法改正草案を読んでみました。9条を改悪して、国防軍を設置するなど大きな問題もありますが、同時に、細かいツッコミどころもたくさんあります。思いつくままに、つぶやきました。

(さらに…)

お父ちゃんの悩み

2012年4月27日(金) 08:53:21

あるお家のお父ちゃんとお母ちゃんの、当然すぎる悩みについてつぶやきました。

(さらに…)

春爛漫 (*^_^*)

2012年4月24日(火) 21:48:09

今日は快晴。1週間ぶりに新宿御苑に行ってきました。ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、御苑の中は、八重桜がちょうど満開。春爛漫、花盛りでした。

一葉(イチヨウ)

一葉(イチヨウ)

これ↑は、一葉(イチヨウ)という八重桜。八重桜は花にボリュームがあるので、満開になるとゴージャスです。

関山(カンザン)

関山(カンザン)

こっち↑は、関山(カンザン)。ピンク色が濃いので、これまた非常に派手です。

(さらに…)

英語版資本論第3章第1節

2012年4月22日(日) 21:21:40

エンゲルス監訳の英語版『資本論』の第3章第1節の翻訳です。

英語版資本論第3章第1節 (PDF,540KB)

私のつたない語学力でいえば、英語版の方が英語版よりかなり平易なように感じます。翻訳もなるべく平易にしましたが、はたして成功しているでしょうか。

(さらに…)

WPTouchを入れているんですが

2012年4月21日(土) 19:53:52

WPの表示をiPhoneやスマートフォンに適正化するWPTouchというPluginを入れているのですが、僕自身はiPhoneもスマートフォンも持たないので、本当にきちんと表示されているのかどうかが分かりません。(^_^;)

iPhoneもしくはスマートフォンで、このブログをご覧のみなさん、どんな具合でしょうか? ここが見やすい、ここが見にくい、きちんと表示されない、などお気づきのことがありましたら、コメントして下さい。よろしくお願いします。m(_’_)m

本日のお買い物

2012年4月20日(金) 22:55:47

本日のお買い物

今日は新書・文庫の類ばかり。

  • 竹信三恵子著『ルポ賃金差別』(ちくま新書)
  • 工藤重矩著『源氏物語の結婚』(中公新書)
  • 和田春樹著『北朝鮮現代史』(岩波新書)
  • 高橋和之編『新版 世界憲法集第2版』(岩波文庫)
  • 松岡和子訳『ウィンザーの陽気な女房たち』(ちくま文庫)

(さらに…)

遅ればせのお花見に行ってきました!

2012年4月16日(月) 18:11:42

遅ればせのお花見弁当

遅ればせのお花見弁当

今日、職場の同僚と、遅ればせのお花見に行ってきました。ソメイヨシノはすでにかなり散ってしまってますが、八重桜はまだまだこれから。

ということで、お花見弁当の写真です。(^_^;)

マルクスはリカードウ『原理』をどのように読み込んだのだろう

2012年4月13日(金) 22:38:20

資本論草稿集を読んでみると、マルクスは、恐慌論にしても再生産論にしても、行きつ戻りつ、いろいろと試行錯誤を繰り返しています。ところが、リカードウ批判に関していえば、『57〜58年草稿』の段階でも、すでにほとんど出来上がっていて、リカードウ理論をすっかり自分のものにして、自分の理論に即して自在に批判しています。

しかし、僕自身がリカードウの『原理』を読んでみても、たとえば第1章から、問題は労働の価値ではなく労働力の価値なんだ、というような結論がどうやったら引き出せるのか、さっぱり見当もつきません。いったいマルクスは、どんなふうにリカードウを読んで、みずからの学説を作り上げたのでしょうか?

ということで、ちょいとつぶやきました。

(さらに…)

久しぶりに『資本論』について囀りました

2012年4月11日(水) 23:22:19

中心テーマは、DingとSacheについて、あるいはdinglichとsachlichについて。

しかし、「質と量という二重の観点から」の問題は未解決。さらに、馬鹿げている問題も未解決。どなたかご教授を。

(さらに…)

あえてソメイヨシノでない桜

2012年4月10日(火) 22:15:07

今日の新宿御苑はこんな感じ(4月10日)

今日の新宿御苑はこんな感じ(4月10日)

今日も昼休みに新宿御苑を散策してきましたが、ソメイヨシノが満開になって、御苑はお花見をする人でいっぱいでした。(^_^;)

そんななか、今日は、あえて、ソメイヨシノでない桜を紹介したいと思います。

まず、これ↓は、コシオヤマ(小汐山)という桜。丸花壇の近くで咲いていました。ソメイヨシノより花びらの色が濃くて、いっしょに葉っぱが少し出ていましたが、それも赤くなっています。まだ蕾みも多く、これから満開を迎えるようです。

小汐山(コシオヤマ)

小汐山(コシオヤマ)

次は、アメリカという品種↓。近づいてみると、花びらは白っぽいのですが、遠目にはかなり色濃く見えます。これも丸花壇の近くで、ただいま満開真っ盛りです。

アメリカ

アメリカ

(さらに…)

本日のお買い物

2012年4月10日(火) 21:30:56

本日のお買い物(4月10日)

本日のお買い物(4月10日)

右から

  • 山内清『拡大再生産表式分析』(大川書房、税込み6,000円)
  • 大西広『マルクス経済学』(慶応大出版会、本体2,400円)
  • 齊藤彰一『マルクス剰余価値論の地層』(八朔社、4,000円)
  • 孫崎享『不愉快な現実』(講談社現代新書、本体760円)
  • 渡辺尚志『百姓たちの幕末維新』(草思社、1,800円)

久しぶりの散財をしてしまいました。(^_^;)

(さらに…)

桜並木のシンメトリーです

2012年4月9日(月) 23:49:47

桜並木のシンメトリー

桜並木のシンメトリー

まだ、工事中なので手前にごちゃごちゃしたものが写ってますが、駅前通りの桜並木のシンメトリーです。ホームが高架になって、新しくできた撮影スポットです。(^_^;)

インバル×都響×ストラヴィンスキー

2012年4月9日(月) 23:27:03

東京春祭インバル×都響×ストラヴィンスキー

東京春祭インバル×都響×ストラヴィンスキー

土曜日、上野の東京文化会館で、インバルの指揮するストラヴィンスキー2曲を聴いてきました。「東京春祭―東京のオペラの森2012」の企画の1つです。

  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽《ペトルーシュカ》(1947年版)
  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》(1910年全曲版)

良くも悪くもインバルふうのストラヴィンスキー。個人的には、もうちょっと土臭くやってくれたほうが好きなんですが、それでも、インバル×都響の演奏は鉄壁。インバルは、演奏のあと、どんなもんだいといわんばかりのどや顔で歓声に答えていました。 (^_^;)

(さらに…)

駅前の桜はここまで咲きました

2012年4月4日(水) 09:23:57

駅前のソメイヨシノ(4月4日朝撮影)

駅前のソメイヨシノ(4月4日朝撮影)

昨日の嵐にもかかわらず、駅前の桜(ソメイヨシノ)は無事。開花が遅れて、まだほとんど蕾だったのが幸いしたようです。今朝は、これくらいまで開いていました。暴風一過の青空に映えていました。

読み終わりました 『くらやみの速さはどれくらい』

2012年4月1日(日) 19:33:43

エリザベス・ムーン『くらやみの速さはどれくらい』(ハヤカワ文庫)

『くらやみの速さはどれくらい』

2004年度にネビュラ賞をとったエリザベス・ムーン『くらやみの速さはどれくらい』(ハヤカワ文庫)をようやく読み終えました。ずいぶんと前に買って、ずいぶんと前に3分の2ほど読んだのですが、そのままになっていました。

自閉症のルウを主人公とする小説で、ダニエル・キースの『アルジャーノンに花束を』を思わせるくだりもあって、非常に面白い作品です。

(さらに…)