インバル×都響×ストラヴィンスキー

東京春祭インバル×都響×ストラヴィンスキー
東京春祭インバル×都響×ストラヴィンスキー

土曜日、上野の東京文化会館で、インバルの指揮するストラヴィンスキー2曲を聴いてきました。「東京春祭―東京のオペラの森2012」の企画の1つです。

  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽《ペトルーシュカ》(1947年版)
  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽《火の鳥》(1910年全曲版)

良くも悪くもインバルふうのストラヴィンスキー。個人的には、もうちょっと土臭くやってくれたほうが好きなんですが、それでも、インバル×都響の演奏は鉄壁。インバルは、演奏のあと、どんなもんだいといわんばかりのどや顔で歓声に答えていました。 (^_^;)

前半、ペトルーシュカは半分寝落ち状態。去年も悩んだ首から左肩にかけての痛みで、このかんあんまし十分眠れてない(ペインクリニックで治療中)もんで、週末になると本気で寝不足が半端ありません。(^_^;)

「火の鳥」は、前半はちょっと淡泊な感じもしたのですが、後半になるとがぜん都響も鳴り響いて大いに盛り上がりました。それにしても、咆哮する金管に負けないシロフォンはお見事でした。

ところで、この日の文化会館は、インバル×都響×ストラヴィンスキー2本立てという豪華メニューにもかかわらず、1階席でも前方左右が大きく空くなど、下へ行くほど空席が目立ちました。協賛企業にチケットを回したにもかかわらず、花見に負けて? お客が集まらなかったのでしょうか。それとも、S席8000円、A席6000円という価格設定がちょいと高かすぎたのかもしれません。(ちなみに、僕は、3階正面のA席)

ところで、コンサートの始まる前に上野公園の桜通りをちょっとのぞいてきましたが、桜の下は場所取りする人、宴会する人でごったがえしておりました。(^_^;)

上野公園桜通り(2012年4月7日夕方撮影)
上野公園桜通り(2012年4月7日夕方撮影)

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です