西部邁氏「反原発ムードは再考せよ」

西部邁氏が、本日(5月23日)の毎日新聞「異論反論」欄に登場。

そのなかで西部氏は、国連原子放射線影響科学委員会の委員長の発言が日本のメディアでは報道されていないことにふれて、「要するに、『さあ大変』に固着してしまった集団心理、そして『さあ騒ごう』に固定されてしまった集団行動」「反原発のムードや原発の稼動停止も再考されなければならない」と主張している。

毎日新聞「異論反論」2012年5月23日付
毎日新聞「異論反論」2012年5月23日付

【異論反論】異説に耳をふさぐな/報道されない「福島に健康被害なし」

[毎日新聞 2012/05/23]

寄稿 西部 邁

 国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)の委員長がこの1月、福島第1原発事故についての重大な発表をした。ロイター通信が伝えている。ネット上には動画もあり、日本のメディアは報道していないようだが、私の場合、稲恭宏博士からの私信でそれを知ったのである。
 この発表によれば、「福島」において現在も今後も、健康被害が出るとは考えがたいという。私も素人判断でそう考えていたので、この発表に驚きはない。それが本当だとすると、ミリシーベルトやらをめぐるこの1年間余りの騒ぎは、一体、何だったのか。
 いわんや、「東北ガンバレ」と叫び、「絆」に流行語大賞を与えながら、被災地の瓦礫は放射能恐怖ゆえに引き受けない、という日本各地の反応は、卑劣であったのみならず、愚劣であったということになる。ひょっとして、政府もメディアも、自分の空騒ぎを恥じて、発表を封殺したのか、と思う者もいるであろう。
 この発表が正しいなどと主張しているのではない。チェルノブイリでの被轡は、作業員の放射線防護が不十分だったことによるという。そしてこの地域の甲状腺がんについては、政府の警告がなかったせいで母親たちが大量の放射性ヨウ素131が含まれたミルクを子供に飲ませてしまったことによるという。「福島」ではそんなことは皆無だったので、健康への被害は心配しなくてよいとのことである。
 これは重大な情報なんかではない、といえるだろうか。「瓦礫」の処理は1年た経っても1、2割しか進んでいない。「福島」の産品に対する購入拒否も続いている。それらは現政権の不始末ではあるが、これとて、放射能被害の虚報かもしれないものに邪魔されてのことである。

固着した集団心理、情報の注目妨げた

 この重大な発表がなおざりにされているのはなぜか。そこに情報の操作があったとは考えにくい。そんな企みを実行できるほどには、今のメディアも一枚岩ではないのである。要するに、「さあ大変」に固着してしまった集団心理、そして「さあ騒こう」に固定されてしまった集団行動、それがこの発表への注目を妨げたのに違いない。
 そうだとすると事はさらに重大だ。日本人のオツムが情報を操作したのではなく、情報がこのオツムを静かに通過していったのである。このことにもし気がつけば、反原発のムードと原発の稼働停止も再考されなければならない。「反核」は世界的な動きではある。しかしこの引き金となったのは「福島」であり、とくにこの事後処理の遅延である。UNSCEARの発表を検討する責任は日本にこそあるというべきだ。
 この発表を信じうとはいわない。必要なのは頭をつかい耳と口を開くことだ。そういう大人になるための絶好の機会である。異説にたいしての「見ざる言わざる聞かざる」の三猿はやめようではないか。

あなたの感想は?

西部邁さんの意見への賛否をお寄せください。紙面に掲載することもあります。
〒100-8051 毎日新聞「異論反論」係
tky.gakugei@mainichi.co.jp(添付ファイル不可)

見出しに「異説に耳をふさぐな」とたて、最後も「この発表を信じろとはいわない」などと言っているが、各地に広がる「原発なくせ!」のデモは「『さあ騒ごう』に固定されてしまった集団行動」であり、「見ざる言わざる聞かざる」の子どもがやってることだと言っているのだから、これほどひどい攻撃はないと思う。

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

「西部邁氏「反原発ムードは再考せよ」」への3件のフィードバック

  1. 西部さんの見解は解らぬことはないが政府の発表がいかにも信用に値しない。災害の第一報がでたらめすぎたことに今の混乱が始まっている。
    不安を払拭するには安全を主張している人たちが規制区域に入り率先して暮らしてみたらよい。
    東電・経産官僚・政治家などが現地に足を運んでないことがなにを物語っているのか。
    西部さんも惨状を抱えている地元民の苦悩を、現地に行って肌で感じてもらいたい。それでも同じ主張ができるのか見守りたい。

  2. 西部 邁の「異説に耳をふさぐな」を読んで。
     東北ガンバレと叫びながら、被災地の瓦礫処理を拒むことに対して、我が日本人がここまで他人への労わりをなくした民族になり下がったことを悲しく思うと同時に、憤っています。自分だけ良ければよい、という風潮にどうしてなったのだろうか。政治がこの様な日本人を作り上げてきたのか、マスコミか、教育か。今、我々日本人全体で考えなければならない問題であると考える。
     地震、津波による瓦礫は被災地だけで処理するのではなく、日本全国が人口比で応分の負担をすべきであると考える者です。
     原発の再稼働にについては、燃料の最終処理が確立出来てない現在の技術力のもとで再稼働して行くことは、断固反対します。私は今まで原発の安全神話に政府、原発推進科学者、電力会社、マスコミに騙されていたことに福島原発事故後気が付きました。

  3.  西部氏は知識は多いが左翼からの転向者で、いわば裏切り者で、信念のない人間の代表である。面白いが偏見の固まりである。
     原発がなぜ止めるベきかの理論の根拠もない、いわば日本的文系人間の代表的偏見者である。もっと自然科学的な知識も入れて出直すべし。といってもいまさら間に合わないだろうが・・・。
     知らないことまで出しゃばるのは日本的文系人の愚かさである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です