超富裕層の隠し財産21兆ドル

2012年7月26日 (木) at 19:14:46 Posted in 世界経済, 日記

英タックス・ジャスティス・ネットワークの調査によると、世界の超富裕層は隠匿した金融資産の総額は21兆?32兆ドルにのぼるという。アメリカと日本のGDPを合わせたより大きいというのだから、どれだけ大きいか想像もつかない。

タックスヘイブンに21兆ドル超 超富裕層の隠し資産 – CNN.co.jp

しかも大事なのは、こうした資産隠し、租税回避は、どこかの怪しい闇企業がやっているのではなく、UBS、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、HSBCなど名だたる金融会社が扱っているというのだ。

しかも、それは世界全体でわずか1000万人、人口の0.1%にもみたない、ごく一握りの超富裕層だけだという。「われわれは99%だ」ということが言われたけども、本当は、「われわれは99.9%だ」と言わなければならないのかも知れない。

タックスヘイブンに21兆ドル超 超富裕層の隠し資産 – CNN.co.jp

[2012.07.24 Tue posted at 15:23 JST]

(CNN)世界の資産家が租税回避地(タックスヘイブン)に隠した金融資産の総額は2010年末の時点で推定21兆?32兆ドル(約1650兆?2500兆円)に達し、米国と日本の国内総生産(GDP)を合わせた規模以上になるという推計を、英組織タックス・ジャスティス・ネットワークが22日にまとめた。
 この推計は世界銀行や国際通貨基金(IMF)、国連および各国の中央銀行の統計をもとに算出した。この数字には不動産やヨットといった金融以外の資産は含まれていない。租税回避により失われた税収は2800億ドル(約22兆円)と試算されている。
 タックスヘイブンに資産を移転している資産家は1000万人に満たないとみられ、世界人口に占める割合はわずか0.14%。超富豪の資産管理はUBS、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、HSBCなど金融大手が大部分を担っているとした。
 タックスヘイブンとして利用されている主な国や地域には、スイス、ケイマン諸島、ルクセンブルク、香港、シンガポールなどがある。
 1970年代から2010年にかけて途上国139カ国からの資本逃避について調べた調査では、逃避額は中国からの1.2兆ドルを筆頭に、ロシアが7980億ドル、韓国が7790億ドルだった。
 報告をまとめた、米コンサルタント大手マッキンゼーの元チーフエコノミスト、ジェームズ・ヘンリー氏は「こうした租税回避を専門とするオフショア業務は、無名の銀行ではなく、ロンドン、ニューヨーク、ジュネーブといった先進国の大都市に本社を置く世界大手の金融機関や法律事務所、会計事務所によって運営されている」「世界の金融上の格差は私たちが考えている以上に大きいばかりか、急速に拡大している」と指摘した。

Similar Articles:

Tags:

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

3 Responses to “超富裕層の隠し財産21兆ドル”

  1. オガちゃん Says:

    宮本太郎氏が藤巻健史とか早稲田大学の上村達男さんとかと,ツルむようになったら、少しは日本も希望が持てる国になるんだけどなぁ。
    隠し資産とは関係ない話で失礼しました。

  2. オガちゃん Says:

    GAKUさん。こんばんは。
    そういえば……
    工藤晃さんの「マルクスは信用問題をどう論じたのか」新日本出版、途中まで読んで、ツンドクになっていますf^^;

    GAKUさん、読んだら感想を聞かせて下さいまし。

  3. 逃走竜 Says:

    それでなくても
    タックスヘイブンの国々は世界の有力者の子弟を
    自国の学校に呼び寄せたりしたりして
    大国に対する政策に関して目を見張るものがありますよね
    資産を預かり、子供を預かったりしているので大国も
    これらの国々には迂闊に手を出せないかと思います。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2012/07/26191446/trackback/

Leave a Reply