ラザレフ&日フィルのラフマニノフは格別

2012年10月21日 (日) at 21:15:34 Posted in 音楽

ラフマニノフ交響曲第2番川久保賜紀メンデルスゾーン&チャイコフスキー・ヴァイオリン協奏曲

日フィルのコンサートのあと買ってきたもの。左は、ラザレフ指揮のラフマニノフ交響曲第2番。今年3月の東京定期公演での録音です。右は、川久保賜紀さんのCDです。

ラザレフ&日フィルのラフマニノフは音が非常に鮮烈。ラストには拍手とブラボーの歓声も録音されていますが、その中には僕の声も含まれてるのかも知れません。^^;

川久保さんのCDは、メンデルスゾーンとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲という豪華な組み合わせ。ホワイエ交流会で川久保さん自身も「演奏する度に、毎回工夫する」とおっしゃってましたが、その通り、同じチャイ・コンでもこの日の演奏とは少し印象が違っています(オケの違いも当然あるでしょう)。

  • ラザレフ&日フィルの新盤CDラフマニノフ第2番を聞いてみる。出だしから音が非常に鮮明で、曲の細部までくっきりと伝わってくる。ラザレフの深い作品理解とともに、東条碩夫さんがいう劇的に変貌した日フィルの上手さを実感させてくれる。 #imakiiteiru posted at 08:45:16
  • ラザレフ&日フィルの新盤CDラフマニノフ交響曲第2番。第2楽章の鮮烈さはまた格別。 #imakiiteiru posted at 08:58:37

Similar Articles:

Tags: , , , ,

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2012/10/21211534/trackback/

Leave a Reply