アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Archive for “2013年11月”

秘密保護法案を許すな! 11・21反対集会に行ってきました!

2013年11月22日 at 01:36:17

STOP!「秘密保護法」反対集会@日比谷野音

日比谷野外音楽堂で開かれたSTOP!「秘密保護法」反対集会に参加してきました。といっても会場に着いてみたら、野音の中はすでに満員で、ゲートが閉められていて、中には入れませんでした。長い間、いろんな集会でこの会場に来ていますが、こんなことは初めてです。(写真はツイッターで拾ったものです)

そして、そのあとデモ行進に出発するのがまた大変。中にいる本隊と合流したいと思って、出口でまっていたのですが、これがなかなか出てこない! 結局、1時間半待ってようやく合流し、9時にデモに出発。衆議院→参議院と回って、デモが終わったのは10時を回っておりました。^^;

Read the rest of this entry »

Tags: ,

吉川敏子『氏と家の古代史』

2013年11月17日 at 19:36:11
吉川敏子『氏と家の古代史』(塙書房)

吉川敏子『氏と家の古代史』(塙書房)

日本古代の「氏(うじ)」と家(「戸」)を論じた本。著者は奈良大学教授。

「氏」が「始祖を共有する父系系譜で結ばれた集団」(8ページ)であることをわかりやすく解き明かしている。氏姓は制度のもとで、中央の豪族(「氏」)は「連」や「造」などの「姓」を天皇から与えられる。そして、たとえば大伴連に従属する地方の豪族は「大伴直」という氏姓が与えられる。もちろん、大伴連と大伴直は血縁関係はないし、各地の大伴直同士にも血縁関係はない。

Read the rest of this entry »

Tags: ,

若い躍動するブルックナー!!

2013年11月4日 at 20:13:31

東京交響楽団第615回定期演奏会

今日は、サントリーホールで、東京交響楽団の定期演奏会。指揮は、ユベール・スダーン。

  • シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
  • ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」(ノヴァーク校訂1878/80年稿)

ブルックナーは、スダーンが全身を使ってぐいぐいと推進して、若々しい躍動感たっぷりの演奏でした。金管のきらめきっぷりはやっぱり東響!カーテンコールでは、スダーンもホルン・トップを2度も立たせていたほど(ま、小さな瑕疵がなかったわけじゃありませんが)。こういう若々しいブルックナー、僕は大好きです。

Read the rest of this entry »

Tags: , , ,

いろいろありました… ^^;

2013年11月3日 at 12:24:17

インバル=都響 新マーラー・ツィクルスVI

昨日、横浜みなとみらいホールまで出かけて、インバル&都響の新マーラー・ツィクルスの第6弾、マーラーの交響曲第6番を聞いてきました。作品を完全に自分のものにしているインバルと、都響のうまさが相まって、なかなか見事な演奏でしたが、しかし、それにしてもいろいろありました。^^;

Read the rest of this entry »

Tags: , ,