若い躍動するブルックナー!!

2013年11月4日 (月) at 20:13:31 Posted in 音楽

東京交響楽団第615回定期演奏会

今日は、サントリーホールで、東京交響楽団の定期演奏会。指揮は、ユベール・スダーン。

  • シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
  • ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」(ノヴァーク校訂1878/80年稿)

ブルックナーは、スダーンが全身を使ってぐいぐいと推進して、若々しい躍動感たっぷりの演奏でした。金管のきらめきっぷりはやっぱり東響!カーテンコールでは、スダーンもホルン・トップを2度も立たせていたほど(ま、小さな瑕疵がなかったわけじゃありませんが)。こういう若々しいブルックナー、僕は大好きです。

前半シベリウスのVn協では、ソロのレイ・チャンがしゃくる、しゃくる! 曲がちゃんとそういうふうにできてるんだから、そんなにしゃくらなくてもというくらいにしゃくってました。それでもスダーンはきっちり合わせてました。アンコールは、パガニーニ:24のカプリスより第21番。

【演奏会情報】 東京交響楽団第615回定期演奏会
指揮:ユベール・スダーン/ヴァイオリン:レイ・チャン/コンサートマスター:グレブ・ニキティン/会場:サントリーホール大ホール/開演:2013年11月4日(月) 午後2時

Similar Articles:

Tags: , , ,

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2013/11/04201331/trackback/

Leave a Reply