ニューヨークタイムズ紙が社説「危ない日本のナショナリズム」

ニューヨークタイムズ紙が12/26付で「危ない日本のナショナリズム」と題する社説を掲載しました。へっぽこ訳をしてみました。ご参考まで。

同社説は、中国や韓国の指導者は安倍首相と会うべきだと主張していますが、だからといって、中国や韓国の靖国批判に根拠がないと言っているわけでないことは明らかです。

危ない日本のナショナリズム

[ニューヨークタイムズ紙 2013年12月26日]

 政権就任1年の木曜日、安倍晋三首相は靖国神社を参拝した。それは、第二次世界大戦の戦犯を含む日本の戦死者を祀っている論争的な神道の神社だ。中国と韓国は、アメリカ合衆国がそうしたように、即座にこの動きを批判した。安倍首相の訪問は、既に緊張している中国、韓国との関係をさらに悪化させるだろう。両国は同神社を、日本帝国の侵略戦争と植民地支配のシンボルと見ているからだ。在日アメリカ大使館は、アメリカは「日本の指導者が日本の近隣諸国との緊張をエスカレートさせるであろう行為をおこなったことに失望した」と声明した。
 問題は、なぜ安倍首相がいま靖国神社を訪問すると決めたのか、ということである。日本の首相が同神社を参拝してから7年たっていた。同神社は、中国や韓国にとっては嫌悪すべき象徴的な場所であり、そのような場所への訪問は両国との関係にとって有害であると最高レベルで認められている。現在、日本の両国との関係は2000年代半ばよりさらに悪化している。中国の指導者も韓国の指導者も、安倍氏が2012年に首相に返り咲いて以来(彼の最初の首相任期は2006〜2007年)、一つには、東シナ海での領土紛争や、第二次大戦中に日本兵によって性奴隷にされた韓国人慰安婦を理由にして、安倍首相に会うことを拒絶してきた。
 逆説的ではあるが、これらの問題での中韓の圧力こそが、安倍氏に靖国参拝はよいアイデアだと考えることを許してきた。昨年の、日本が管理する諸島にたいする中国の喧嘩腰の動きは、日本国民に、中国の軍事的脅威が存在すると確信させてきた。この問題が、安倍首相に、中国からのあらゆるシグナルを無視し、日本の軍隊を、専守防衛に限定されていた軍隊からどこへでも戦争に出て行ける軍隊への転換という彼の目標を追い求める口実を提供してきた。靖国参拝は、この計画の一環なのだ。
 慰安婦問題にたいする日本の不承不承の態度にたいする韓国の執拗で鋭い批判と、この問題を話し合うための安倍首相との会談を朴槿恵大統領が拒否していることが、日本市民の間で韓国にたいする不信の種をまいてきたのであり、日本市民の半分近くは−?世論調査によれば−?韓国を軍事的脅威とみなしているのだ。有権者の間でのそのような見解は、事実上、安倍首相に、北京およびソウルの反応を考えることなく行動する許可を与えてきた。
 読売、朝日および毎日の三大紙は、とくに安倍氏が政権についた年には、首相の靖国参拝にたいする反対の立場を明らかにしてきた。安倍首相と彼の愛国主義的な支持者たちにとってもっと重要なのは、天皇明仁が、先代の天皇裕仁の場合と同じように、靖国神社の参拝を拒否してきたことだ。
 安倍首相の最終的目的は、戦後占領の間にアメリカ人によって書かれた日本の平和憲法を書き直すことだ。それは戦争にすすむ権利を制限している。この点でもまた、天皇明仁は、憲法で政治的な権能を持たないにもかかわらず、賛成していていない。安倍首相が靖国神社を参拝する数日前に、天皇は、80歳の誕生日にあたってのインタビューで、「平和と民主主義という高い価値」を守るために戦後憲法を書いた人々に対する「深い感謝」を表わした。
 だから、もし歴史が問題であれば、中国と韓国の指導者は東京に協力者を見いだすだろう。そして彼らは安倍首相に会い、対決し、交渉し、これらの問題を解決すべきだ。彼らが会談を拒絶することは、安倍首相に、彼が望むことをおこなう自由を与えるだけだろう。日本の軍事的冒険が可能なのはアメリカの支持がある場合だけである。アメリカ合衆国は、安倍首相の計画が地域の利益でないことを明確にすることが必要だ。確かにアジアに必要なことは諸国家間の信頼であるが、彼の行動はその信頼を掘り崩している。

以下、原文です。

http://www.nytimes.com/2013/12/27/opinion/risky-nationalism-in-japan.html

EDITORIAL

Risky Nationalism in Japan

By THE EDITORIAL BOARD
Published: December 26, 2013

On Thursday, one year after coming to power, Prime Minister Shinzo Abe visited Yasukuni, the controversial Shinto shrine that honors Japan’s war dead, including war criminals from World War II. China and South Korea swiftly criticized the move, as did the United States. Mr. Abe’s visit will worsen Japan’s already tense relations with China and South Korea, which see the shrine as a symbol of imperial Japan’s wars of aggression and colonialism. The United States Embassy said America was “disappointed that Japan’s leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan’s neighbors.”

The question is why Mr. Abe decided to visit Yasukuni now. It had been seven years since a Japanese prime minister visited the shrine, a recognition at the highest levels that the site is symbolically repugnant to China and South Korea and that such a visit is detrimental to relations with them. Japan’s relations with those two nations are worse now than during the mid-2000s. Both Chinese and South Korean leaders have refused to meet with Mr. Abe since he became prime minister in 2012 (his first stint as prime minister was 2006-7), in part because of issues over territory in the East China Sea and Korean comfort women, who were forced into sexual slavery by Japanese soldiers during World War II.

Paradoxically, it is Chinese and South Korean pressure on these fronts that has allowed Mr. Abe to think a visit to Yasukuni is a good idea. China’s belligerent moves in the past year over Japanese-administered islets has convinced the Japanese public that there is a Chinese military threat. This issue has given Mr. Abe cover to ignore all the signals from China and to pursue his goal of transforming the Japanese military from one that is strictly for territorial defense to one that can go to war anywhere. The visit to Yasukuni is part of that agenda.

South Korea’s continuing and sharp criticism of Japan’s grudging stance on the comfort women issue and the refusal by President Park Geun-hye to meet Mr. Abe to discuss the issue have sown distrust of South Korea among Japanese citizens, nearly half of whom, polls say, also see South Korea as a military threat. Such views among voters have effectively given Mr. Abe license to act without regard to the reactions in Beijing and Seoul.

The three major national newspapers – Yomiuri, Asahi and Mainichi – have been editorializing against a prime ministerial visit to Yasukuni, especially in the year since Mr. Abe took office. And more important for Mr. Abe and his nationalist supporters, Emperor Akihito has refused to visit Yasukuni, as did Emperor Hirohito before him.

Mr. Abe’s ultimate goal is to rewrite Japan’s pacifist Constitution, written by Americans during the postwar occupation, which restricts the right to go to war. Here, too, Emperor Akihito disapproves, though he has no political power under the Constitution. A few days before Mr. Abe visited Yasukuni, the emperor, in comments marking his 80th birthday, expressed his “deep appreciation” toward those who wrote the post-1945 constitution in order to preserve the “precious values of peace and democracy.”

So, if history is the problem, Chinese and South Korean leaders will find allies in Tokyo, and they should meet Mr. Abe to confront, to negotiate and to resolve these issues. Their refusal to meet will only give Mr. Abe license to do what he wants. Japan’s military adventures are only possible with American support; the United States needs to make it clear that Mr. Abe’s agenda is not in the region’s interest. Surely what is needed in Asia is trust among states, and his actions undermine that trust.

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">