米投資家が「安倍首相はアジアで最も危険な人物」と指摘

アメリカの著名なヘッジファンド・マネージャーであるジム・チャノス氏が、16日、「アジアで最も危険な人物は中国ではなく日本にいる」「安倍氏はウルトラ国家主義者だ」と発言したことが話題になっている。

こちらが、ウォールストリート・ジャーナル紙の記事↓ 残念ながら日本語版には出ていない。

Chanos: Japan’s Shinzo Abe Is ‘Most Dangerous Figure In Asia’ – MoneyBeat – WSJ

と言うことで、ヘッポコ訳を試みた。投資関係の言葉はよく分からないので、間違いがあるかも知れないが、ご参考に。

チャノス氏、日本の安倍晋三首相は「アジアで最も危険な人物」と語る

[3:27 pm ET May 16, 2014 By ROB COPELAND wsj.com]

 ジム・チャノスは長い間中国に注目してきた。いま彼は、東シナ海を越えて日本に目を向けている。
 エンロンのような企業にたいする空売りで有名なヘッジファンド・マネージャーは、金曜日、ある集まりで、「アジア経済にとって最大の脅威は日本の安倍晋三首相である」と述べた。
 「アジアで最も危険な人物は中国ではなく日本にいる。我々が支援している安倍氏はウルトラ国家主義者だ」とキニコス・アソシエーツの創設者チャノス氏は言った。「彼は、政治的軍事的観点からみて、いかなる中国人指導者以上に、この地域を不安定化させようとしている」
 安倍氏は、日本の軍事力にたいする60年にわたる抑制をなくすことに向かって重大な歩みを進めてきたし、いくつかの海洋問題をめぐって中国と衝突してきた。今週、彼は、現内閣が、日本自身が攻撃されていなくても、日本の軍隊には同盟軍を支援することが許されるかどうかを判断するだろう、と述べた。
 アメリカは安倍首相の計画を歓迎してきた。
 チャノス氏の発言は、いささか驚きであった。際だった悲観主義者は、中国における現実の不動産バブルを衰えさせるのに何年も費やしてきた。不動産バブルは中国経済に跳ね返って大混乱させるだろうと彼は信じている。彼は、この考えを変えていない。金曜日には、中国の経済指標は正確なものであると信頼すべきではないとくり返した。それにもかかわらず、日本についてより長期的にとらえ始めている。
 彼は、安倍首相の政策から生じるどんな結末も長い時間かかるだろうと強調した。
 対照的に、チャノス氏のヘッジファンド・マネージャー仲間の多くは、いわゆる「アベノミクス」、安倍首相の経済成長政策の支持者であった。彼の努力は、多くのヘッジファンドが円の投げ売りに賭けた日経平均で、昨年、歴史的な利益をあげることに注がれた。
2014年は、取り引きはめっきり成功的でなくなった。
チャノス氏の指摘は、ラスベガスのベラジオで開かれたヘッジファンド大手SALTの会合で注目された。

原文はこちら↓。ヘッポコ訳なので、転載などはご容赦を。間違いがあれば、ぜひこっそり教えていただきたい。

Chanos: Japan’s Shinzo Abe Is ‘Most Dangerous Figure In Asia’

3:27 pm ET May 16, 2014 ASIA By ROB COPELAND

LAS VEGAS?Jim Chanos has long had a target fixed on China. Now he’s moving his scope across the East China Sea to Japan.

The hedge-fund manager, famed for his bearish bets against companies like Enron, said at a conference Friday the biggest threat to the Asian economy was Japanese Prime Minister Shinzo Abe.

“The most dangerous figure in Asia is not in China; it’s in Japan. Abe, with our backing, is an ultranationalist,” said Mr. Chanos, founder of Kynikos Associates. “He [will begin] to destabilize the area from a political and military point of view more than any Chinese leader.”

Mr. Abe has taken significant steps toward removing six-decade-old constraints on Japan’s military, and clashed with China over some maritime issues. This week, he said his government would consider whether to allow Japanese troops to aid its allies even if Japan itself isn’t attacked.

The U.S. has welcomed Mr. Abe’s plans.

Mr. Chanos’ pronouncement was somewhat of a shock, given that the noted pessimist has spent years flagging a real estate bubble in China that he believes will wreak massive havoc on its economy. Though he still holds that opinion?he reiterated Friday that China’s economic figures should not be trusted to be accurate?he is taking a longer view on Japan.

He noted that any fallout from Mr. Abe’s policies “may take a long time.”

By contrast, many of Mr. Chanos’ fellow hedge-fund managers have been fans of so-called “Abenomics,” the pro-growth policies of Mr. Abe. His efforts fueled historic gains for the benchmark Nikkei last year, which many hedge funds wagered on while shorting the yen.

The trade has been considerably less successful in 2014.

Mr. Chanos’ remarks came in remarks at the hedge-fund-heavy SALT conference at the Bellagio in Las Vegas.

こっちはロイターの記事。後半は安倍首相にたいするチャノス氏の発言とは無関係。

Hedge fund manager Chanos wary of Japan PM’s plans to rearm | Reuters

ヘッジファンド・マネージャーのチャノス氏、日本の総理大臣の再武装計画を警戒

[LAS VEGAS Fri May 16, 2014 4:40pm EDT]

 著名なヘッジファンド・マネージャーのジム・チャノス氏は金曜日、日本の安倍晋三総理大臣が彼の国を再武装させようとする計画を引きながら、彼をアジアでもっとも危険な人物と呼んだ。
 安倍氏は、中国のどの指導者よりも、この地域を不安定化させることができるだろう、とキニコス・アソシエーツを率いるチャノス氏は、ラスベガスで開かれたスカイブリッジ・オルタナティブ会議で言った。彼は、アジアでもっとも危険な人物はだれかと聞かれたときに、こう答えた。
 安倍氏はその経済刺激計画でよく知られているとはいえ、彼はまた、地域的権力に立ち向かう強硬なナショナリストと見なされている。
 チャノス氏は、中国は現実の不動産バブルから影響を受けつつあると主張し、公然と自分が中国に賭けていることを語ってきた。
 彼は次のような冗談を言った。この国だけが、1月1日に来る一年の成長率を知っている唯一の重要なパワーである、と。
 チャノス氏は、最近、中国に調査チームを送ったが、国の第二、第三の階段の都市における空っぽのビルディングの列を指摘した。「これらは中国の建設業界の現状を示している」
 中国投資会社の監査役会議長であるジン・リクウィン氏は、この国のより小さな都市において同じように発展している極端な財産を心配していると語った。
 しかし、チャノス氏は、中国の腐敗にたいする取り締まりがいまや「深刻で広がっている」と語った。
 ゴールドマン・サックスのエコノミストで、BRICSという言葉をつくったジム・オニールは、インドでナレンドラ・モディが選らばれたことがこの30年間でインドにとってもっとも重要な積極的可能性でああると言った。
 「彼は、巨大な民意である」と彼は、首相に選ばれたヒンディ民族主義者、モディについて語った。

Hedge fund manager Chanos wary of Japan PM’s plans to rearm

[LAS VEGAS Fri May 16, 2014 4:40pm EDT]

(Reuters) – Prominent hedge fund manager Jim Chanos on Friday called Japan’s Prime Minister Shinzo Abe the most dangerous figure in Asia, citing his plans to rearm his country.

Abe could destabilize the region more than what any Chinese leaders are doing, said Chanos, who heads Kynikos Associates, at the SkyBridge Alternatives Conference here. He was responding when asked to name the most dangerous person in Asia.

While Abe is well known for his economic stimulus plans, he is also seen as a hard-line nationalist who stands up to regional powers.

Chanos has long talked publicly about his bet against China, arguing that it is suffering from a real estate bubble.

He joked that the country is the only important power that knows its growth rate for the coming year on January 1.

Chanos, who recently sent a research team to China, pointed out the rows of empty buildings in the country’s second and third tier cities. “That shows just what a construction site China is.”

Jin Liqun, chairman of the supervisory board of China Investment Corp, said he worries about excessive property development in the country’s smaller cities as well.

But Chanos did say that China’s crackdown on corruption is now “serious and pervasive.”

Jim O’Neill, a longtime Goldman Sachs economist who coined the phrase BRICS for emerging economies Brazil, Russia, India and China, said the election of Narendra Modi in India is the most important potential positive for India in 30 years.

“He has a huge mandate,” he said about Modi, a Hindu nationalist who was elected prime minister.

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">