安倍内閣支持率が急落!

共同通信世論調査

今日発表された共同通信社の世論調査。戦争法案の衆議院強行採決後の初めての世論調査だ。

結果は明瞭。安倍内閣の支持率は9.7ポイント減の37.7%に。それにたいして不支持率は8.6ポイント増で51.6%と過半数を超えた。戦争法案の強行可決についても73.3%が「良くなかった」と回答。今国会での成立には68.2%が反対している。

国会会期は9月下旬まで。戦争法案反対の世論を広げて、安倍首相と自民党・公明党の心胆を震え上がらせよう!

内閣支持率37%に急落 不支持過半数で逆転:中日新聞

内閣支持率37%に急落 不支持過半数で逆転

[中日新聞 2015年7月18日 20時53分]

 共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、内閣支持率は37・7%で、前回6月の47・4%から9・7ポイント急落した。不支持率は51・6%(前回43・0%)と過半数に達し、2012年12月発足の第2次安倍政権以降で初めて支持と不支持が逆転した。
 与党が16日の衆院本会議で、多くの野党が退席や欠席する中、安全保障関連法案を採決し、可決したことに「よくなかった」との回答が73・3%を占めた。「よかった」は21・4%だった。
 安保法案の今国会成立に反対が68・2%で前回から5・1ポイント増えた。賛成は24・6%だった。
(共同)

共同通信世論調査詳報(1)

共同通信世論調査詳報(2)

Similar Articles:

投稿者:

GAKU

年齢:50代 性別:男 都道府県:東京都(元関西人) 趣味:映画、クラシック音楽、あとはひたすら読書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です