日フィル第675回定期

2015年11月7日 (土) at 23:11:25 Posted in 音楽

日フィル第675回定期演奏会

日フィル第675回定期演奏会

昨夜は、日フィルの定期演奏会でサントリーホールへ。来シーズンから首席指揮者就任が決まったインキネンの指揮で、前半はシベリウスの珍しい2曲。後半はマーラー撰集第6弾ということで、テノール/バリトンの組み合わせで「大地の歌」。

  • シベリウス:歴史的情景第1番 op.25
  • シベリウス:組曲《ベルシャザールの饗宴》
  • マーラー:大地の歌

前半2曲はフィンランド出身のインキネンならではのシベリウス。いずれも実演を聞くのは初めて。1曲目は「フィンランディア」と同時期に作曲された3曲をまとめた曲。インキネンらしい透明感ある音で、シベリウスの世界を再現していた。

しかし、後半「大地の歌」は疑問な出来。まあ、2階後ろの席ということもあるかもしれないが、そもそも歌が聞こえない。また、インキネンの棒には退嬰的な雰囲気が微塵もなく、マーラーの作品には不似合い。そのうち観客も飽きてきたのか、あっちでゴソゴソ、こっちでガサガサやりだす始末。オケも集中をなくしたか、パートごとにばらけてしまったようで、まったくなんとも言いようのない結末に。インキネンのマーラー・シリーズは、前から疑問だったが、今回もやっぱりという感じに終わった。

【演奏会情報】日本フィルハーモニー交響楽団第675回東京定期演奏会
指揮:ピエタリ・インキネン/テノール:西村悟/バリトン:河野克典/コンサートミストレス:千葉清加/ソロ・チェロ:辻本玲/開演:2015年11月6日(金)午後7時/会場:サントリーホール

Similar Articles:

Tags: , , ,

この記事を評価してください。☆いくついただけますでしょうか?

【日記・ブログランキング】に参加しています。よかったらクリックしてください。

Print This Post Print This Post

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2015/11/07231125/trackback/

Leave a Reply