Archive for the ‘日記’ Category

桜のシンメトリー

2016年3月31日(木) 13:03:55

(null)

毎年この時期になると楽しみなのが、駅前の通りの桜のシンメトリー。通りの両側が桜並木になっているので、見事なシンメトリーになります

明けましておめでとうございます

2016年1月1日(金) 13:40:57

昨年は「戦争法」(安全保障関連法制)に明け暮れた一年となりました。
今年は「戦争法を廃止する政府」の実現にむかって前進する最初の年。参議院選挙で、目に見える結果を出すために頑張りたいと思います。

好きな音楽のほうでは、昨年はペルト、フィンジという作曲家を初めて知り、ハイドンやジョン・アダムスの曲を初めてじっくり聞くことができ、さらにアンチェルやトスカニーニという往年の大指揮者の演奏にも触れるなど、新しい音楽との出会いが広がった一年でした。今年は、その出会いをさらに深めていけたらいいなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いします。

ラザレフ、ショスタコーヴィチの9番を振る!

2015年10月24日(土) 22:21:28

日フィル第674回東京定期演奏会

日フィル第674回東京定期演奏会

金曜日は、日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会。首席指揮者のラザレフが、ショスタコーヴィチの交響曲第9番を振りました。

  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽《妖精の口づけ》
  • チャイコフスキー:二重唱《ロメオとジュリエット》
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第9番 変ホ長調 op.70

9番といえば、ベートーヴェンの「第九」いらい、マーラーが交響曲第9番を書いたら死ぬという妄想にとらわれたり、ともかく作曲家にとっては意識されるもの。ところが、ショスタコーヴィチの9番はたった25分の短い曲。しかも諧謔的な曲で、初演のときから物議をかもした作品。それをラザレフがどう振るのか、当然期待しますが、他方で、たった25分では後半のメインとしては短すぎるわけで、組み合わせて演奏される曲がどんなものか、それも気になるところでした。

(さらに…)

合唱って素晴らしい!

2015年10月20日(火) 23:37:23

スウェーデン放送合唱団

スウェーデン放送合唱団

今夜は、先週都響と一緒に公演したスウェーデン放送合唱団の公演をオペラシティで聞いてきました。

  • J.S.バッハ:モテット「主に向かいて新らしき歌をうたえ」 BWV225
  • ペルト:トリオディオン(1998)
  • シェーンベルク:地には平和を op.13
  • ブラームス:祝辞と格言 op.109
  • マルタン:二重合唱のためのミサ曲

指揮はペーター・ダイクストラ

(さらに…)

8・30国会前大集会に参加してきました

2015年8月30日(日) 23:15:14

8・30集会、地下鉄永田町駅周辺で

今日は、総がかり行動実行委員会が呼びかけた国会前の大集会に参加してきました。天気が心配されたのですが、国会正門前、憲政記念館前から国会図書館周辺、永田町駅の回りまで、本当に参加者でいっぱい!

私は、「しんぶん赤旗」号外を配布せよという特別任務を仰せつかったので、途中で抜け出してきましたが、号外を配っていてもたくさんの人が「私にもください」「ご苦労様」と声をかけてくださり、ありがとうございました。

(さらに…)

地方新聞の世論調査でも、9条改正「必要なし」が多数派

2015年5月3日(日) 22:13:00

憲法9条改正「必要ない」66% 本紙・琉球放送県民調査

(さらに…)

出張のついでに太宰府を観光してきました

2014年8月18日(月) 22:19:57

九州国立博物館クリーブランド美術館展

大宰府天満宮大宰府政庁跡

出張のついでに、太宰府を観光してきました。

(さらに…)

桜のシンメトリー

2014年3月31日(月) 09:34:08

桜のシンメトリー(2014年3月31日撮影)

駅前の通りの桜並木も満開になりました。

新宿御苑に行ってきました!

2014年3月30日(日) 17:49:59

土曜日、新宿御苑に行ってきました。新宿御苑は早咲きの桜から遅咲きの八重桜まで種類がたくさんあって、すでに満開を迎えたものもあり、たくさんのお客さんで賑わっていました。(というか混雑のしすぎ…)

新宿御苑1(2014年3月29日撮影)

1枚目↑ これは、千駄ヶ谷門を入ってすぐの桜園地の様子。右手の白っぽいのがソメイヨシノ(染井吉野)で、左手の緑っぽく見えるのがオオシマザクラ(大島桜)、奥に見えるピンク色のがオオカンザクラ(大寒桜)です。

2枚目↓は下の池のところにあるシダレザクラ。ちょうど満開だったので、みなさん、カメラや携帯で写真を撮っておられて、大混雑しておりました。^^;

新宿御苑2(2014年3月29日撮影)

(さらに…)

久しぶりに覗いてみたら

2014年3月25日(火) 20:29:14

最近はTwitterやFacebookで、ブログはもはや時代遅れになった感じがする。僕自身、このブログの更新がすっかり滞りがちだ。

久しぶりにこのブログからリンクを張っているみなさんのブログを覗きにいったら、すでに消滅したブログもあったが、相変わらずまめに更新されている方もおられて、思わずあっちこっち眺めて回ってしまった。

Twitterは、その瞬間、瞬間に思いついたことをどんどん呟いて、相互フォローしているみなさんとの会話も楽しめる。Facebookは、僕はほとんどが高校、大学の同級生とのコミュニケーション中心。「友達」限定のやり取りを楽しんでいる(ときどき、アリバイ的に一般公開の記事も書いているが)。

それに比べると、ブログは、Twitterのような瞬時の応答はないし、Facebookのような実名でのやり取りもない。ある意味、虚空に向かってひたすら話しかけているような面もあるが、その分、落ち着いてあれこれ書けるという利点もある。

ブログとTwitterとFacebook、もう少しがんばって上手い相互関係をつくりたい。

サクラ咲く

2014年3月13日(木) 00:17:08

近所のカワヅザクラが咲いているので、写真を撮ってきました。もう満開を過ぎてしまっていますが、まだまだ綺麗でした。

カワヅザクラ(1) (2014年3月12日撮影)

(さらに…)

新年おめでとうございます

2014年1月1日(水) 00:00:02

新年おめでとうございます。

昨年は久しぶりに国政選挙で前進をかちとることができました。新しい年は、それを次の前進につなげるために全力をつくしたいと思います。原発事故でも特定秘密保護法の強行でも、多くの人が、いまの政治のあり方に疑問をもち、抗議の声を上げています。こういう時代だからこそ、全国津々浦々に党支部をもち、議員がいて、さらに「しんぶん赤旗」という全国機関紙を発行している政党の値打ちを本当に発揮しなければと思います。

(さらに…)

吉川敏子『氏と家の古代史』

2013年11月17日(日) 19:36:11

吉川敏子『氏と家の古代史』(塙書房)

吉川敏子『氏と家の古代史』(塙書房)

日本古代の「氏(うじ)」と家(「戸」)を論じた本。著者は奈良大学教授。

「氏」が「始祖を共有する父系系譜で結ばれた集団」(8ページ)であることをわかりやすく解き明かしている。氏姓は制度のもとで、中央の豪族(「氏」)は「連」や「造」などの「姓」を天皇から与えられる。そして、たとえば大伴連に従属する地方の豪族は「大伴直」という氏姓が与えられる。もちろん、大伴連と大伴直は血縁関係はないし、各地の大伴直同士にも血縁関係はない。

(さらに…)

本日届いたのは…

2013年10月25日(金) 23:28:18

ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(ヘルムート・リリング指揮)

ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(ヘルムート・リリング指揮)

本日とどいたCDは、ヘルムート・リリング指揮、オレゴン・バッハ祝祭合唱団&管弦楽団によるドヴォルザーク「スターバト・マーテル」。

先日、都響定期でやるということで、予習のためにNAXOSで探して聞いた盤。いやもう奇跡的というか、天国的というか、素晴らしい演奏です。しばらくは、もうこれだけで十分です。^^;

本日のお買い物

2013年10月21日(月) 20:50:12

20131021-204757.jpg

本日のお買い物。保立道久『物語の中世』(講談社学術文庫)、モーゲンソー『国際政治』中(岩波文庫)、湯本雅士『金融政策入門』(岩波新書)。いろいろお勉強しなきゃ。

「共産は揚々、他党は恐々」

2013年6月25日(火) 23:56:26

「朝日新聞」の大阪版には、大きく「共産は揚々、他党は恐々」の見出しで、都議選で共産党が躍進し、参院選選挙区選挙でも共産党が議席を獲得する可能性が出てきたと注目する記事が掲載されました。

しかし、肝心の東京では影も形もありません。ということで、紙面の写真をご紹介します。

「共産は揚々、他党は恐々」

「朝日新聞」大阪版6月25日付朝刊

クリックしてもらうとフルサイズの画像を表示しますが、でかすぎて画面には入りきらないだろうと思いますので、ダウンロードしてご覧ください。m(_’_)m

明るく前向きな「悲愴」?!

2013年5月12日(日) 11:32:06

サンクトペテルブルク・フィルの音楽監督ユーリ・テミルカーノフによる3週連続読響演奏会。第1週は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番(ピアノは河村尚子嬢)とチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」のプログラム。

一番印象に残ったのは、チャイコの「悲愴」。第3楽章でど派手に終わったあと、突然第4章がしんみりと始まり、陰々滅々のうちに終わるという曲で、なかなかこの落差についていけないところがありますが、この日の演奏はなんと明るく前向きな「悲愴」。えっ?! と思うような演奏でしたが、しかし、聴いてみると第3楽章→第4楽章の繋がりもこれなら納得! という仕上がり。お見事でした。

(さらに…)

STOP消費税増税国民集会に来ています

2013年4月11日(木) 13:15:07

20130411_131507.JPG

日比谷野外音楽堂でひらかれているSTOP消費税増税国民集会に参加しています。全国から、野音に入りきれないほどの参加者が来ています。

先ほど、共産党の志位委員長が、参院選で増税ノーの審判を下そう!と挨拶しました。ポツリポツリと雨が降っていますが、集会のあと国会までデモ行進します!!

サクラのシンメトリー

2013年3月26日(火) 08:42:50

20130326_084250.JPG

駅前の通りの桜並木はちょうど満開。見事なシンメトリーを見せてくれています。

でも、早くも今朝の冷たい風に散り始めていて、この見事な景色もあとわずか。

サクラのシンメトリー

2013年3月23日(土) 12:36:04

サクラのシンメトリー

サクラのシンメトリー(2013/03/23撮影)

駅前の通りは、両側に桜並木が広がって、ちょうどサクラのシンメトリーになっていました。

(さらに…)