アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

Posts Tagged “ブリューゲル”

見てきました ブリューゲル版画の世界

2010年8月14日 at 14:38:51

ブルーゲル版画の世界(Bunkamuraミュージアム)

渋谷Bunkamuraミュージアムで、「ブリューゲル 版画の世界」を見てきました。

ブリューゲルは16世ネーデルランドの画家。同時に、「聖アントニウスの誘惑」に代表されるような奇妙奇天烈、奇々怪々な版画でも有名です。今回は、そのブリューゲルの現存する版画全作品を、同時代の作品とともに展示するというので、見逃す手はないと出かけてきました。

ブリューゲル版画の世界 ベルギー王立図書館所蔵 | Bunkamura ザ・ミュージアム

Read the rest of this entry »

Tags: