04年度、226億円のサービス残業代支払わせる

2004年度中に、企業に是正指導されたサービス残業代の総額が226億円にのぼることがあきらかに。総額では前年度より減ったものの、指導をうけた企業は253社増えて1437社に。

<不払い賃金>サービス残業、高水準のまま 指導企業は増加(毎日新聞)

<不払い賃金>サービス残業、高水準のまま 指導企業は増加

 全国の労働基準監督署が04年度中に是正指導した残業分の不払い賃金が226億1314万円に達することが30日、厚生労働省のまとめで分かった。前年度より約12億円減少したが、指導を受けた企業は前年度比253社増の1437社で、同省は「サービス残業は依然として多い水準にある」とみている。
 まとめによると、是正対象となった従業員は16万9111人で、1企業平均の是正額は1574万円。従業員1人当たり13万円だった。是正額が多かった業種は製造業(63億8856万円)、商業(57億2153万円)、金融・広告業(38億2648万円)。1社で最も多かったのは製造業の企業で14億4128万円だった。[毎日新聞 9月30日21時54分更新]

Similar Articles:

  1. かわうそ実記 - trackback on 2005/10/05 at 02:18:39

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: