アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

W杯 日本1-3でオーストラリアに逆転負け

2006年6月13日 at 01:14:41

前半1点入ったときには、お!と思ったのですが、後半、追加点を入れるチャンスは何度もあったのに得点できなかったのが残念です。

川口はナイスセーブを繰り返していたんですが、同点にされたあの時に前に出て行ったのが結果的には判断ミスということになるんでしょうか? 相手選手が上背があるだけに、ゴール前の混戦は、見てて本気でハラハラしました…。(^_^;)

日本、豪州に1-3で逆転負け・W杯(NIKKEI NET)

日本、豪州に1-3で逆転負け・W杯
[NIKKEI NET 2006/06/13 00:12]

 【カイザースラウテルン(ドイツ)=吉田誠一】サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は12日、1次リーグF組の日本が当地のフリッツ・ワルター競技場でオーストラリアと対戦、1-3の黒星発進となった。
 26分、中村俊輔(セルティック)のゴール前に浮かせた球が、競り合う選手の上を通過してゴールとなる幸運な先制点。日本は前半を1-0で折り返したが、後半残り10分を切ってから3点を奪われた。
 日本は18日にクロアチア、22日にブラジルと対戦する。日韓共催の前回大会に続く決勝トーナメント進出が厳しくなった。

こうなったら、もうあとは当たって砕けろしかありません。WBCでも、日本チームは、予選通過はもうダメと言われてから、それまでの“絶対優勝”という妙な緊張やら使命感が抜けて見事優勝しました。サッカー全日本も、開き直って、自由に、めいっぱい戦ってください。

Similar Articles:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2006/06/13011441/trackback/

Leave a Reply