教育基本法「改正」問題で踏み込んだ報道

TBSが、教育基本法「改正」が継続審議で先送りされようとしていることで、この間の国会審議をふり返りつつ、「愛国心」を盛り込むことは「内心の自由」を犯すことにつながるという点にまで踏み込んで、まとめ的な報道をしています。

「愛国心」継続審議に、通知表問題は?(TBS News-i)

「愛国心」継続審議に、通知表問題は?
[TBS News-i 更新時間:2006年06月14日(水) 20時54分]

 愛国心が国会論議の焦点となった教育基本法の改正案は継続審議で次の国会へと先送りとなりますが、改正されれば教育の現場に大きな影響を与えかねない問題点が審議を通じて浮かび上がっています。
 「我が国と郷土を愛する態度を養う」、政府案では教育の目標の一つがこう規定されています。しかし、福岡市内の小学校では「国を愛する心」が3段階で評価されていたと共産党は追及しました。「こころ」が評価の対象となり、内心の自由が侵されるというのです。
 「小学生に対して愛国心があるかどうか、私はそんな評価なんか必要ないと思いますね」(小泉首相)
 実は現在の学習指導要領でもすでに教育目標として「国を愛する心を育てる」ことが掲げられ、埼玉県では多くの公立小学校の通知票に「愛国心」の評価項目が設けられていたことも明らかになりました。
 「あくまでも相対的な評価をしていただきたい。その項目の中で内心的な評価をしないでいただきたい。こういうことを申し上げることになると思います」(小坂憲次文科相)
 「政府側が内心の評価をいくら否定してもそれが法律になれば一人歩きしてしまう」、野党側は国旗・国歌法の例を挙げて、結果的に強制されることへの懸念を示します。
 「人それぞれの考え方がある。人によって式典等において、起立する自由もあれば、起立しない自由もあろうと。また、斉唱する自由もあれば、斉唱しない自由もあろうかと。(国旗・国歌の)法制化はそれを画一的にしようというわけではございません」(野中広務官房長官【99年7月21日】)
 当時のこの政府答弁を生徒に紹介した教師が教育委員会から厳重に注意されたと野党側は追及しました。
 「教師という指導的立場にある人が『君たちは内心の自由があるから歌を歌わなくてもいいんだよ』という言い方はやはり逆の指導をしていると取られてもやむを得ない場合があるのではないでしょうか」(小坂文科相)
 野党では共産・社民両党が改正そのものに反対するのに対し、民主党は情報化社会に対応した教育などを打ち出した対案を提出します。しかし、小泉総理は最後まで積極的な姿勢を見せませんでした。議会での低調な審議の一方、国会周辺では連日、市民団体による抗議行動が続きます。
 「教育基本法は教育関連の様々な法律の基本的な根本法というか準拠枠になっている法律ですから、それをこの程度の議論で変えるということが本当にいいのか」(藤田英典 国際基督教大教授)
 当初は今の国会での成立を期待すると述べた小泉総理ですが、結局最後は投げやりを隠そうともしませんでした。
 「次の総理、総裁がこれを成立させることによって、与野党共通の国家の基本問題についての認識ができればよし。成立すれば、実績にもなる」(小泉首相)
(14日14:39)

Similar Articles:

  1. ペガサス・ブログ版 - trackback on 2006/08/24 at 13:41:40

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: