『蟹工船』 NHK朝のニュースに登場!!

先ほど放送されたNHKの朝のニュース(「おはよう日本」7時35分から約7分間)で、小林多喜二『蟹工船』が取り上げられました。

『蟹工船』のメッセージを今の若者がどう受け止めたか、ということに焦点を置いて取材されています。

「蟹工船」のメッセージ 今若者に(NHKニュース、2008年6月26日午前7時半?)
NHKニュース「おはよう日本」(6月26日朝放送)から

ということで、見逃した方は、こちら↓からどうぞ。リンクを右クリックして、ダウンロードしてから御覧下さい。(wmvファイル、約 19MB)

「蟹工船」のメッセージ 今若者に(NHKニュース)

ニュースでは、『蟹工船』を読んだ2人の若者に焦点を当てています。

1人は、不正経理を命じられ、それを断ったら突然解雇されたという女性。「社会って、これが当たり前なのかとショックだった」という彼女は、『蟹工船』を読み、「社会にたいして声を上げてゆくことの大切さを教えてくれた」と言います。

もう1人、「他人のことを自分のことのように考える『蟹工船』の労働者に心を動かされた」という男性は、「他人に優しくする、他人への想像力を働かせることができたらなと思う」と語っています。

番組は最後に、次のような言葉で結んでいます。

 『蟹工船』は労働者がふたたび立ち上がり、支配者が職を失うシーンで終わっています。声を上げることで社会を変えることができるという『蟹工船』のメッセージが、雇用不安をもつ若者だけではなく、社会や組織の中で閉塞感を持つ若者全体に受け入れられ、読者層を広げているようです。

Similar Articles:

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">