アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

最近の「非戦闘地域」は迫撃砲が飛んで来るらしい

2004年11月2日 at 22:01:45

いくら、首相が言い張ってみても、迫撃砲が飛んでくるようなところが「非戦闘地域」というのは永田町以外では通用しないわなぁ…。

サマワは「非戦闘地域」 自衛隊活動で首相見解(共同通信)

サマワは「非戦闘地域」 自衛隊活動で首相見解

 小泉純一郎首相は2日午後の衆院本会議で、自衛隊宿営地内へのロケット弾着弾が相次ぐイラク・サマワについて、現段階でも「非戦闘地域」の要件を満たしているとして派遣を継続させる考えを表明した。一方で、治安悪化により安全が確保できなくなった場合には活動を停止し、撤退することもあり得るとの認識も示した。
 大野功統防衛庁長官も同日午後の参院外交防衛委員会で「もし安全に仕事ができなくなれば撤退ということになる」と述べ、「非戦闘地域」の認定のままで撤退する可能性に言及した。
 首相は本会議で、現在のサマワを「『非戦闘地域』の要件を満たさなくなったとは考えていない」と強調。自衛隊が撤退するケースとして(1)政治的、外交的判断(2)非戦闘地域でなくなる――などに加え「危険が迫って安全に活動を続けることが難しくなった場合には(イラク)特措法の規定に従い、活動の全部または一部を中止したり、退避撤収などの措置をとる」と表明した。(共同通信) – 11月2日20時14分更新

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

One Response to “最近の「非戦闘地域」は迫撃砲が飛んで来るらしい”

  1. 自衛隊行くところ平和ありき←小泉発言糾弾

    「活動している地域は非戦闘地域」 小泉首相が答弁
    政治的にと言うよりも,論理的におかしいので取り上げざるを得ない気分になった。

    「自衛隊が活動している地…

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2004/11/02220145/trackback/

Leave a Reply