NHKの世論調査

NHKの世論調査で、小泉首相の靖国神社参拝を是とする意見(「続けた方がよい」46%)が否とする意見(「やめた方がよい」38%)を上回る結果が出ました。

しかし、記事をよく読むと、質問のなかで「小泉総理大臣が『これまで参拝してきたのは、心ならずも戦禍に倒れた人たちへの慰霊の気持ちと不戦の誓いを新たにするためだ』と述べたことについてどう考えるか」と言っており、ほとんど誘導尋問。これじゃあ「理解できる」と答える人が多くなるのは当たり前です。

同じ世論調査で、自衛隊のイラク派遣1年延長について「賛成」28%、「反対」62%。また、小泉首相が説明責任をはたしたかどうかでは「果たした」21%、「果たしていない」71%という結果が出ています。

“靖国参拝は継続を”46%(NHKニュース)

NHK世調 内閣支持率44%(NHKニュース)

“靖国参拝は継続を”46%

 NHKは、12月10日からの3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、電話による世論調査を行い、全体の57.9%にあたる1179人から回答を得ました。それによりますと、11月の日中首脳会談で、中国側が小泉総理大臣に、靖国神社への参拝をやめるよう求めたのに対し、小泉総理大臣が「これまで参拝してきたのは、心ならずも戦火に倒れた人たちへの慰霊の気持ちと不戦の誓いを新たにするためだ」と述べたことについてどう考えるか聞いたところ、▽「中国側の発言のほうが理解できる」と答えた人が10%、▽「小泉総理大臣の発言のほうが理解できる」が44%、▽「どちらとも言えない」が41%でした。そして、小泉総理大臣が今後も靖国神社への参拝を続けたほうがよいかどうか尋ねたところ、▽「続けたほうがよい」が46%、▽「やめたほうがよい」が38%、▽「わからない」が16%でした。
 「続けたほうがよい」と答えた人の理由は、▽「靖国神社への参拝は、他国が口を差し挟む事柄ではないから」が53%、▽「総理大臣が戦争で亡くなった軍人などを追悼するのは当然だから」が40%、▽「靖国神社参拝は小泉総理大臣の公約だから」が4%でした。逆に、「やめたほうがよい」と答えた人の理由は、▽「参拝によって中国や韓国などとの関係に影響が出るから」が50%、▽「政教分離を定めた憲法に違反するおそれがあるから」が28%、▽「A級戦犯が合祀されている靖国神社に、総理大臣が参拝するのは問題だから」が19%でした。
 また、中国に対するODA・政府開発援助についてどう考えるか聞いたところ、▽「直ちに廃止するべきだ」が17%、▽「時期をみて廃止するべきだ」が62%、▽「廃止するべきではない」が5%でした。さらに、橋本元総理大臣が、衆議院の政治倫理審査会で、日本歯科医師会の前会長らと会食した際に、1億円の小切手を受け取ったことに関して「事実なのだろう」と述べたうえで、収支報告書に記載しなかったことへの関与を否定したことについて、こうした説明をどう思うか聞いたところ▽「納得できる」は4%、▽「納得できない」が90%でした。[NHKニュース 12/14 07:07]

NHK世調 内閣支持率44%

 NHKは、今月10日からの3日間、全国の20歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDDという方法で、世論調査を行いました。調査の対象になったのは、2036人で、このうち57.9%にあたる、1179人から回答を得ました。
 それによりますと、小泉内閣を「支持する」と答えた人は、先月より10ポイント下がって、44%でした。これに対し「支持しない」と答えた人は、先月より4ポイント上がって、42%でした。小泉内閣を支持する理由としては▽「ほかの内閣より良さそうだから」が最も多く49%、▽「実行力があるから」が19%、▽「支持する政党の内閣だから」が13%などとなっています。逆に支持しない理由では、▽「政策に期待が持てないから」が49%▽「実行力がないから」が19%▽「人柄が信頼できないから」が17%などとなっています。小泉内閣に最も期待することとしては、▽「年金制度改革」が最も多く25%▽「景気対策」が21%▽「経済の構造改革」が12%▽「雇用対策」が8%などとなっています。
 次に、政府が、イラクへの自衛隊派遣を1年間延長することを決めたことについて賛否を聞いたところ、▽「賛成」が28%「反対」が62%でした。「賛成」と答えた人に理由を聞いたところ、▽「日本にとって、中東地域の安定は重要であり、自衛隊は積極的に国際貢献をすべきだから」が45%、▽「イラクの復興に取り組む国際社会の中で、威信の低下につながるから」が24%、▽「今、イラクから撤退すれば、日米同盟に亀裂が生じるから」が20%、▽「イラクからの外国軍の撤退を求めるテロリストの要求に屈したことになるから」が9%となっています。逆に「反対」と答えた人に理由を尋ねたところ、▽「自衛隊の派遣で隊員や日本人がテロ事件に巻き込まれる危険性が高まっているから」が34%、▽「自衛隊の派遣そのものに憲法上問題があるから」が25%、▽「自衛隊の宿営地があるサマーワが安全だという前提が崩れ、復興のための貢献も十分できていないから」が23%▽「これまでの1年間に及ぶ自衛隊派遣で、十分、役割を果たしたと思われるから」が13%でした。
 自衛隊の派遣延長について、小泉総理大臣が、国会の審議などで説明責任を果たしたと思うか聞いたところ、▽「果たしている」が4%、▽「どちらかといえば果たしている」が17%、▽「どちらかといえば果たしていない」が28%、▽「果たしていない」が43%でした。次に、北朝鮮側が横田めぐみさんのものだとして示した骨が別人のものであることが分かったことを受け、政府は、北朝鮮に厳重に抗議するとともに残りの食糧支援を見送る方針ですが、政府のこれまでの対応について聞いたところ、▽「おおいに評価する」が5%、▽「ある程度評価する」が43%、▽「あまり評価しない」が31%、▽「まったく評価しない」が17%でした。また、拉致被害者の家族が、北朝鮮の不誠実な対応が改めて明らかになったとして、速やかな経済制裁の発動を求めていることを受けて、政府はどのような姿勢で臨むべきか聞いたところ、▽「あくまでも対話による解決を目指すべきだ」が19%、▽「経済制裁を含む強い態度で解決を目指すべきだ」が74%でした。[NHKニュース 12/13 19:19]

Similar Articles:

  1. NewsToday-0 - trackback on 2005/02/01 at 00:38:55

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks and Pingbacks: