アラ還のオッサンがマルクスの勉強やらコンサートの感想やらを書き込んでいます

新日本フィルの2005-2006シーズンプログラム

2005年5月26日 at 14:40:02

新日本フィルハーモニー交響楽団の2005-2006シーズンのプログラムが発表になりました。

New Japan Philharmonic:公演情報

今回のトリフォニーシリーズは、なかなか意欲的かも。

9月 マーラー交響曲第2番「復活」
10月 ブラームス「ドイツ・レクイエム」
11月 ゲルバーを招いてラフマニノフのピアノ協奏曲第3番
1月 ショスタコーヴィッチピアノ協奏曲第1番&交響曲第4番
2月 オネゲル:劇的オラトリア「火刑台上のジャンヌ・ダルク」
3月 プロコフィエフ交響曲第3番
4月 ヒンデミット「画家マティス」
5月 小澤征爾でブラームス

サントリーだと

10月 ブルックナー交響曲第3番
11月 マーラー交響曲第6番「悲劇的」
6月 ショスタコーヴィッチ バイオリン協奏曲第1番&交響曲第7番
7月 ベートーヴェン「第九」

ということで、ほぼ決まりかな…。

Similar Articles:

Tags:

Print This Post Print This Post

人気ブログランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

Trackback This Post

http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2005/05/26144002/trackback/

Leave a Reply